記事制作方針ガイドライン

福岡チャンプは田頭実選手!スタート抜群のベテランが大活躍

  • 2017/03/17
  • ギャンブル
  • 9view
  • 松村 昴
タグ

G1九州地区選手権の優勝は田頭実選手

2月16日から2月21日に福岡競艇場で開催されたG1九州地区選手権はベテランの田頭実選手が3コースからまくって優勝しました。今年のG1九州地区選手権は地元の福岡支部のメンバーが大活躍でした。優勝戦の上位3人が福岡支部でさらに準優勝戦に進出した18人のうち13人が福岡支部です。まさに地元勢の大活躍でした。若手からベテランまで活躍でした今回の福岡支部は層の厚さを見せつけた格好です。また、これでG1九州地区選手権は2011年以来の6年連続の福岡支部の優勝と成りました。

492301381

G1九州地区選手権の優勝戦を回顧

優勝戦は6号艇の田頭実選手が3コースまで動きました。渡辺浩司選手と中辻崇人選手は枠を主張して1コース・2コースを死守。4コースのカドに前田将太選手が引っ張り、中村亮太選手と峰竜太選手が5・6コースとなりました。レースは3コースを奪取した田頭実選手がST.02のトップスタートで軽々とまくり優勝しました。1コースの渡辺浩司選手もST.08の早いスタートだったのですがまくりを防ぐことができずに2着になっています。3着には前田将太選手が入って1位から3位まで福岡支部が独占しました。また、今回の優勝で田頭実選手は6回目のG1制覇となりました。

474057484

ベテラン田頭実選手は超攻撃的なスタートが武器

今回のG1九州地区選手権を制覇した田頭実選手は1967年生まれの現在49歳です。58期の福岡支部で同期には三角哲男選手や平石和男選手がいます。すでにベテランの域にある田頭実選手は昨年のG1マスターズチャンピオンも制しています。今までSGは2回の優勝を果たしています。田頭実選手の魅力はギリギリを狙ったスタートです。しかもどんな状況に陥ってもフライングを恐れずにスタートを切ってきます。伝説だと言われているのがF3でのG1制覇です。実はF4になると競艇選手は引退だと言われています。そんな状況でトップ選手が集うG1に出場して優出、さらにはトップスタートで優勝までしているのです。これは本当にすごいことで当時誰もが驚きました。度胸抜群で超攻撃的なスタートが武器のためFが多い選手ですが魅力的です。お金を賭けても全力でスタートにいってくれる選手はありがたいものです。展開も読みやすくて負けても納得できます。ベテランとは言えG1九州地区選手権で優勝してまだまだ健在のところを見せつけたので今年はさらに活躍してほしいものです。

440549983

今後の競艇界は福岡支部が大活躍か?

福岡支部の強さを見せつけたのが今回のG1九州地区選手権でした。優勝した田頭実選手はもちろん、優勝戦では1位から3位まで上位を独占した福岡支部。しかも準優勝戦には13人が登場しました。しかも若手・中堅・ベテランと層が厚いのです。若手には岡崎恭裕選手や前田将太選手、篠崎兄弟などがいます。中堅には渡辺浩司選手や瓜生正義選手がおり、ベテランには田頭実選手や今村暢孝選手などがいて層が厚いのです。今後もSGやG1戦線では福岡支部が大躍進するかもしれません。福岡支部の選手には要注目です。

 

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルにすべてを捧げるフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。
記事制作方針ガイドライン
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ