記事制作方針ガイドライン

フィリーズレビュー2017 レーヌミノルは桜花賞3着候補?

  • 2017/03/06
  • ギャンブル
  • 68view
  • のりき 夢丸
タグ

言われるほど悪くない出走馬レベル

75414829
桜花賞の最重要ステップはチューリップ賞という意見に異論はないが、1週後のフィリーズレビューもレベルガタ落ちかと言えば、そんなにひどくはない。
アストンマーチャン、ワンカラット、アイムユアーズ、メイショウマンボ、ベルカント、クイーンズリングに昨年のソルヴェイグ。
のちに牝馬クラシックを勝った馬、古馬混合の重賞、G1を勝った馬が目白押しなのである。

それでは何がそんなに低評価なのか。
つまりは「最近桜花賞と直結しない」から見捨てられちゃうということだ。
しかしフィリーズレビューを軽く見ると、本番の3連複系馬券に「ヌケが出る」こと間違いなし。
あくまで3着候補ではあるが、絶対見ておかなければいけない「準・重要ステップ」レースなのである。

 

断然人気がレーヌミノルという現状

136469456
んでもって、今年の中心馬はレーヌミノルちゃん。

ここまでの成績は1、1、2、3、4着って、おいおい、そろそろ化けの皮が剥がれて……。
言い分としては「距離を少しずつ伸ばしてきている」から、こうなったとも。
うまく対応しているようでもあるし、やっぱ少し末脚が甘いとも表現できる。

だから今回久しぶりの距離短縮がウケるはず。
事実1400は東京・京王杯2歳Sでモンドキャンノの2着あり。
牡馬相手に結果を出した牝馬は、今のところアドマイヤミヤビとこの馬くらいなもんだからね。

 

王道を通った馬のフィリーズレビュー

11698339
2歳時、新馬→G3→G2→G1と街道をまっしぐらに進んだ牝馬が、桜花賞前にフィリーズレビューでどんな競馬をしていたか。
先輩の様子を見てみよう。

▼2014 ベルカント
G2の経験はなく、ファンタジーSを経由してG1に向かったが、ローテ的にはほとんど同じ。
朝日杯から距離短縮を味方に2番人気で勝っている。

▼2012 アイムユアーズ
この馬もファンタジーS経由組。
阪神JFは8番人気で2着し、ここは1番人気に応えて勝っている。

▼2009 ワンカラット
間に混合のデイリー杯2歳Sをはさんだ強気なローテ。
阪神JFでのふた桁惨敗から立て直して6番人気で勝利。

どの馬も阪神JFでの結果は度外視して、1400までなら負けられん、といった貫禄をみせている。

 

相手にはダート経験馬を

116362114
さてこのような格上馬が馬券の中心となる年、相手に選びたいのが

▼ダート戦出走経験馬

である。

09年
3人気2着 アイアムカミノマゴ
15人気3着 レディルージュ

14年
13人気2着 ニホンピロアンバー
6人気3着 エスメラルディーナ

この4頭はすべてダート戦への出走経験&勝利があった。
芝経験が浅いので全くと言っていいほど人気にならないが、これは各場1400コースの馬券鉄則でもある。
黙って買い、だ。

 

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
記事制作方針ガイドライン
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ