記事制作方針ガイドライン

サマーバカンスは北海道の夏競馬で

  • 2016/06/23
  • ギャンブル
  • 109view
  • YAZIUP運営
タグ

夏の始まりは旅行気分で函館競馬

6月も中旬を過ぎると夏競馬が開幕します。全国的には梅雨の真っ只中であり、じめじめムシムシとした不快な日々が続く時期です。こんな時期だからこそ、かっこいいおやじは涼しい北海道で夏競馬です。

286644272

まずは函館で海を見ながら競馬を楽しみましょう。普段の週末なら競馬場への帯同を嫌がるパートナーや子供たちだって、函館のうまいものとセットになったバカンスなら喜んでくれるでしょう。

函館には朝市や五稜郭などの見所もたくさんありますから、観光旅行としても十分に有意義なものです。その上、馬券が当たればいうことはありません。贅沢なお土産も夢ではないですね。

北海道新幹線も開業しており、函館へのアクセスは格段に良くなっています。もちろん、旅の風情を盛り上げるなら津軽海峡を眺めながら船で行くのも良いものです。青函連絡船はなくなってもフェリーによる船の航路は存在しています。

423133834
Piti Sirisriro / Shutterstock.com

 

夏本番は札幌競馬で盛り上がる

函館開催は初夏の楽しみですが、夏も本番になれば札幌競馬が始まります。札幌といえば北海道最大の都市であり、190万人を超える人口は政令指定都市の中でも上位の存在です。大都会札幌の夜はススキノの歓楽街で遊ぶもよしです。

札幌に行けば、大通公園あたりでぶらつくのも旅の気分を味わえます。少し日程に余裕を持たせれば、帯広や旭川といった比較的近い位置にある見所満載のエリアを観光することも可能です。世界中でここ(帯広)だけにしか存在しない「ばんえい競馬」も見逃せません。

競馬ファンなら、日高などの馬産地を見て回るのも良いでしょう。ただ、北海道内では比較的近いとはいえ、その実距離はとんでもなく長いという事実も考慮しておきましょう。
たとえば、札幌と旭川の距離は120~130キロあります。大阪から岡山くらいは離れていることになります。

412723846

とはいえ、東京より遠い場所から行くのであれば、130キロを理由に諦めるのはもったいないともいえそうです。人によっては、東北からでももったいないでしょう。
夏競馬と広い大地で避暑を楽しみましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    ロットンダゴールド

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ