皐月賞馬が人気薄だった年の日本ダービーには別路線組が突っ込んでくる

  • 2016/05/20
  • ギャンブル
  • 604view
  • のりき 夢丸
タグ

ディーマジェスティはフロックではないけれど

342337688

戦前は3強、4強ともいわれた今年の混戦皐月賞だったが、その前評判をあざ笑うかのごとく、「それ以外」の伏兵ディーマジェスティが8番人気で優勝した。
レースは前ががりで進んだ有力どころとは全く別のペースで事を進めたディーマジェスティに、何もかもうまく運ばれた感がある。
しかしもともと同馬は出世レース共同通信杯を取消明けで勝った素質馬。パンとすればここでも見劣らないものを持っていた。フロックと侮るなかれ。

 

 

こんな年のダービーはどうなる?

290997377

皐月賞で7番人気以下の伏兵が勝った年はここ20年で5回ある。

97年 サニーブライアン 11番人気
02年 ノーリーズン 15番人気
04年 ダイワメジャー 10番人気
07年 ヴィクトリー 7番人気
08年 キャプテントゥーレ 7番人気

これらの年の過程を調べると、ダービー馬が皐月賞以外の別路線から出ることが多いのだ。

97年こそ皐月賞馬サニーブライアンがダービーも勝って2冠馬になったが、
02年は皐月賞3着のタニノギムレットが「NHKマイルCを経て」ダービーを勝ち、
04年はNHKマイルCを勝ったキングカメハメハがダービーを勝ち、
07年は名牝ウオッカがダービーを勝ち、
08年はNHKマイルCを勝ったディープスカイがダービーを勝った。

これを見ると、伏兵扱いで皐月賞をアッサリ勝ったディーマジェスティの2冠達成に賭ける方が。よっぽど確率が高そうに見えてしまう。

 

 

勝ち馬候補はそんなに多くない

326945558

では今年の日本ダービーの勝ち馬を考察する。

過去の傾向から見て魅力的に見えるNHKマイルC組だが、今年は皐月賞8着のロードクエストが2着だから、ここからダービー馬が生まれる可能性は低い。

皐月賞の上位馬では、エアスピネルはやや水をあけられた印象だし、リオンディーズは折り合いに不安があり、ともに上積みが難しそう。
その点、休み明けだった1番人気サトノダイヤモンドには、まだ余力も未知の魅力もある。
そこへマカヒキ、ディーマジェスティと合わせて3強というのが今年のダービーの骨格図ではなかろうか。

 

 

高配当馬券なら別路線組を買え

139802392

勝ち馬が絞られそうな気配なのに対して、2着、3着候補はちょっとひねってみたい。
というのは、こんな年のダービーでは別路線のトライアル組が大活躍するからだ。

97年 2着シルクジャスティス 京都4歳特別(当時)勝ち
02年 2着シンボリクリスエス 青葉賞勝ち
3着マチカネアカツキ プリンシパルS2着
04年 3着ハイアーゲーム 青葉賞勝ち

今年なら青葉賞を好タイムで楽勝したヴァンキッシュラン(父ディープインパクト×母父ガリレオ・角居厩舎)がその候補か。

最後に大穴候補で、若葉S1、2着から皐月賞を経由してくるアドマイヤダイオウ、ナムラシングンあたりも出走してくれば怖い存在となりそうだ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ