もう迷わない!軸馬が高確率でズバズバ突っ込んでくる超簡単な馬券作戦

  • 2015/12/08
  • ギャンブル
  • 1079view
  • のりき 夢丸
タグ

191808173
Icatnews / Shutterstock.com

軸馬選び

競馬で何が難しいって、ここから馬券を買うと決める「軸馬」を選ぶことが一番難しい。
軸馬が外れていれば、そのあと何時間検討しようが永遠に当たることはない。
だからファンは毎レース頭を悩ませるわけだが、もし、その軸馬選びをいとも簡単に、しかも本命、穴党どちらもドンとこいの勢いでやってくれる相棒がいたら、こんなにうれしいことはないだろう。

 

 

高価な競馬新聞はいらない

この作戦にはあの東スポを使う。
「え?東スポ?」とバカにしている人がいたら、改めてほしい。
こと競馬記事に関しては、東スポは超のつく真面目っぷりで取り組んでいるのだから。

 

 

小さな小さなコーナーに注目

東スポには有名人の人気連載をはじめ、変わった切り口の記事がわんさか存在するが、今回注目するのは、各レースのコメント欄の上あたりにある「(直前)Vサイン」という、20行ほどの小さなコーナー。
ここでは全出走馬から2頭だけを選び出し、厩舎コメントつきで、その2頭を組み合わせた馬連馬券たった1点で的中を狙うというある意味無謀?なコーナーなのだが、驚くことにこの2頭の激走確率がハンパなく高い。

 

 

狙い時は馬連オッズでわかる

うれしいのは、たいてい2頭のうちどちらかは、思わず「?」と疑いたくなるような穴馬が選ばれていること。
決して「当てにいっていない」自由さがよいのだ。
さすがに人気馬同士、あるいは穴馬同士の組み合わせでは、配当が低かったり的中率が落ちるので、すぐに馬連1点で大儲けとはいかないかもしれない。
真の狙いどころは「人気馬プラス穴馬」の組み合わせを推奨してきたとき、つまり馬連オッズで30倍以上のゾーンだ。

 

 

軸馬として2度おいしい3連複馬券に発展

「Vサイン」作戦は、その他多くの馬券術に応用できる。
馬連で取り逃がすのがいやだというなら、ワイドで確率を上げることもできる。
また馬連が当たるということは、そのまま3連複、3連単馬券にも応用がきく。
とくにVサインの2頭を軸に、そこから3連複で総流しするだけでいとも簡単に的中へたどり着くのが驚き。
最近のよい例が、11月22日の東京メイン11R「霜月S」。残念ながら馬連は2着3着で外れたが、代わりに3連複36520円を大的中。相変わらず破壊力抜群なところを見せている。

たった140円で試せる超簡単馬券術を侮ることなかれ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ