高松宮記念凡走でもここ勝負のサウスポーがいる
G2京王杯スプリングC展望

  • 2016/05/06
  • ギャンブル
  • 121view
  • のりき 夢丸
タグ

本番・安田記念との関連はビミョーだけど

61649239

まず東京の芝1400と1600では、ハッキリ求められる資質が違う。

1400では機動力と持続性
1600では純粋なスピードと瞬発力

たった200Mしか違わない距離のレースなのに、2つはまるで異なる競馬場で行われるレースのよう。
芝1400はもはやダート戦だという人もいるくらい。
そこが安田記念につながりにくい理由の一つでもある。

 

 

最大のポイント宮記念組をどう扱うか

391896673

前走ローテで最も注目されるのは、やはりG1高松宮記念組。
しかしその中にはコケる馬と走る馬が混在しており、まさに「玉石混交」。
一番簡単に取捨選択するなら

 

▼高松宮記念が目標だった馬、あるいは実際に好走した馬は1枚割引

G1で負けた馬の中にこそ、ここで巻き返す候補がいるとみたい。

また隠れた危険ファクターとして、

▼前走、前々走あたりに中山のG3重賞ダービー卿チャレンジTを好走した馬
も割り引いておきたい。

中山のマイル戦もトリッキーでコース相性がもろに問われる舞台だからだ。

 

 

フレッシュな新人?OP馬が意外と狙える

侮れないのが直前3月、4月の準OPを勝って、ここ直行のフレッシュマンたち。
ベテラン勢がだらしない年に、何が突っ込んできたかと思えば、準OPを勝ったばかりの馬だったということがよくあるレース。
前走準OP戦の距離やコースは問わないし、またちょっとキツめの中1週なんてローテもハンデにならないくらい、この時季の若いOP馬には勢いがある。
人気がなかったら、あるいは実績馬に元気がないようなら、真っ先に狙ってみたい馬だ。

 

 

過去に東京の重賞・OP特別を勝っている馬を主力に

12462232

本番・安田記念との関連性は薄いと申し上げたが、それとは別に、過去の東京コースでの実績はかなりアテになる。
とくに2月の東京新聞杯の結果はくまなくチェックしておきたいし、そこで該当馬がいなければ、秋競馬の富士S、キャピタルS、オーロCなどの過去成績をもう一度ひっくり返して見ておきたい。

さらに穴を探すなら、新潟の関屋記念、谷川岳Sなど、サウスポーが躍動する裏開催OPで好結果を収めた馬も見逃せない。

 

 

4歳牡馬の人気馬はちょっと割引

人気で消えた馬のプロフィールで気になるのが、4歳牡馬の成績が不振だということ。
どちらかというと6歳、7歳といったベテランに分があるレースで、ここにも若さイコール瞬発力を求められない1400のコース適性が表れている。

かといって、差し馬が全くダメな重賞ではない。
1400は1400なりの脚の使いどころがあり、4コーナーで馬群の後ろ半分にいても、きっちり差してこれるのが毎年の傾向。位置取り・脚質にこだわる必要はない。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ