G1ヴィクトリアマイル
人気で消える馬には「不吉なローテ」が存在した

  • 2016/05/07
  • ギャンブル
  • 610view
  • のりき 夢丸
タグ

過去の優勝馬はそうそうたる名牝ばかりだけど

84342769
Cheryl Ann Quigley / Shutterstock.com
第1回の開催から10年経ち、古馬牝馬が春に目指す大きな目標としてすっかり定着した感のあるG1ヴィクトリアマイル。
歴代の勝ち馬たちはG1を複数勝つような名牝ばかりだが、2、3着馬に目をやると、かなり個性派の穴馬まで含まれる。
案の定「いつかやる、いつかやる」と思っていたら、とうとう昨年3連単で2070万馬券が飛び出した。
穴馬券の根拠はいつの時代も「人気馬がコケる」から。
過去に消えた人気馬たちの共通点を探ってみよう。

 

 

「いかにも王道」に見えるローテ、それが危ない

66127750

人気で消える危険馬の大半が、まず前走までのローテーションで判別できる。

 

怖いのは

▼前々走で好結果を出す、またはG1に出走
→疲れたから冬は休む
→休み明け、トライアルとして春のG2重賞に出走(あわよくばそこでも好走)
→人気になる
→本番でコケる

という、何の変哲もないごくありふれた一流馬のローテ。これが想像以上によろしくない。

昨年がいい例で、

2015
1人気ヌーヴォレコルト6着
女王杯2着→休み明け中山記念勝ち→6着負け

2人気ディアデラマドレ7着
愛知杯勝ち→休み明けマイラーズC7着→7着負け

3人気レッドリヴェール4着
女王杯16着→休み明け阪神牝馬S6着→4着負け

人気の3頭ともこれに該当。

 

では馬券に絡んだ3頭はというと、

1着ストレイトガールは、G1高松宮記念からの巻返し

2着ケイアイエレガントは、G3京都牝馬S勝ち後、ぶっつけで出走

3着ミナレットは中山牝馬S、福島牝馬Sと月一ローテを守って順調

 

ごらんの通り「いかにも王道」というローテの馬がいないのである。

 

よってローテからの狙い馬は

▼2月、3月あたりの重賞からぶっつけのほうがまだ信頼できる

▼月一ローテで順調に使い込めている馬もよい

となる。

 

 

エリザベス女王杯経由で来る実力馬は危ない

さて、昨年コケた3頭のローテからわかることがもう一つある。
それは
「秋に中距離路線を歩んでいる馬」という点だ。

はっきり言って、エリザベス女王杯とヴィクトリアマイルはリンクしない。
いや、過去にどちらも勝っている牝馬こそいるものの、それはかなりの歴史的名牝たちの偉業。
フツーの牝馬が集まる年には、距離適性がマイラー寄りの馬たちで勝負しなければいけない。

 

 

勝ち馬、穴馬はこんなプロフィールの持ち主だ

63149617

では、危険な人気馬をかいくぐり、的中に近づく勝ち馬キーワードを2つ教えよう。

 

1 前走と前々走で負けている、または連対していない

2 生涯で初めてのマイル戦になる

 

1はとくに1着馬を絞り込むときに使えるポイント。
なんと前走も前々走も好走していない馬こそがここで激走すると、過去のデータは教えてくれている。

そして2は、究極の穴馬探しに使うポイント。
間違えないでほしいのは、「古馬になって初のマイル戦」だと、逆にコケるデスワードに変わるから注意しよう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ