債務整理をしたくない人のための選択肢

  • 2016/04/29
  • ギャンブル
  • 107view
  • YAZIUP運営
タグ
  • ローン/借金
  • お金
  • カードローン
  • キャッシング
  • クレジットカード
  • ローン
  • 貯金

債務整理をするかしないかの判断基準

89670163
多重債務に陥り、毎月の返済によって他の支出を後回しにした結果、生活のいろいろな場面で支障をきたし返済が不可能になった時点で、やっとそこではじめて債務整理について考えだします。多くの人は、返済途中は「完済できる」と考えているケースが多いようです。

例えば、カードローンなどの利用残高の合計が600万円ほどあり、毎月の返済額は全社合わせて10万円というケースの場合、収入は毎月手取り20万円、家賃と光熱費、通信費や食費などを切り詰めても毎月15万の出費は避けられず、返済に回せるのは、毎月5万円が限界です。この時点で、収入を増やさない限り完済には程遠くなります。この場合は更なる被害を生まないために債務整理するべきでしょう。

債務整理をするデメリットとして、住宅を競売にかけられたり、クレジットカードが使えなくなるなど、手段によってはさまざまなデメリットがあります。自己破産や個人再生など、現在は様々な債務整理の方法がありますが、「債務整理はせずに何とか自力で完済したい」という人は、おまとめローンを活用する方法をおすすめします。

 

 

おまとめローンの活用

42791068
おまとめローンとは、例えば「A社へは毎月2万円」「B社へは毎月5万円」「C社へは毎月4万円」と言った具合に、複数社から借り入れをしていて返済をしている場合、月額の合計は11万円になります。そこで、これら3社の残債を完済できる額をD社から借入れ、今後は「D社のみに毎月7万円返済する」といった方法です。この様な用途を目的として提供されているローンを「おまとめローン」などと呼びます。多重債務で複数社へ返済している人は、管理の面でも非常に楽になります。

 

 

おまとめローンに関する誤解

355551497
「おまとめローン」や「一本化ローン」は、世間では「借金のための借金」というイメージがあり、あまりよい見られ方をしていない様ですが、実は、債務者にとっても残高を把握しやすくなり、債務整理を行うよりもよほど誠意的な方法なのです。現在では貸金業法の総量規制によって年収の3分の1を超えて消費者金融で借り入れができないとされていますが、この「一本化」に限っては、「債務者へ一方的に有利な貸付」として、総量規制の対象から外されているのです。

この記事につけられたタグ

  • ローン/借金
  • お金
  • カードローン
  • キャッシング
  • クレジットカード
  • ローン
  • 貯金

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ