記事制作方針ガイドライン

カードローンの審査に通りやすい人の傾向

  • 2016/02/09
  • ギャンブル
  • 122view
  • YAZIUP運営
タグ

審査では何が重要視されるか

キャッシングやカードローンへ申し込んでもなかなか審査に通らないという人がいる一方、同じ年齢で経済力も同等の人があっさり審査に通り、融資を受けたという話も聞きます。なぜこの様な差が生じるのでしょうか。

 

 

勤続年数

309812093

勤続年数は融資審査の上で重要視される加点要素のひとつです。

場合によっては年収1,000万円であることより、勤続年数が5年以上あることの方が高い評価をされることもあります。

これは、たとえ年収が高くても、その仕事を継続して高い年収を維持していけるかどうかは分からないという要素があるからです。

逆に、勤続年数が高いと「このまま順調に仕事を続けている限り返済能力に問題はない」という判断をされることになります。

 

 

居住年数

352862975

意外に感じるかも知れませんが、消費者金融の審査においては居住年数は重要な審査項目です。

現在の住所に住み始めて3か月という場合、「今までどこに住んでいたか分からない」「住いが不安定ということは収入も不安定で借入金の返済も後回しにするかも知れない」という見方もできるからです。

勤続年数と同様に、キャッシングの審査では継続性を重要視する傾向にあります。

 

 

身分証明証

209367190

本人確認のために提示する身分証明証の種類によっても、審査結果に影響を及ぼします。

通常、身分証明証と言えば運転免許証を提示しますが、免許証がなくて代わりに「健康保険証」を提出する人もいますが、この場合、顔写真付きの免許証と比べて若干信用力に劣ると考えられます。

また、保険証の種類が「会社が発行する社会保険証」か「国民健康保険証」かどうかでも、審査結果に大きく影響することもしばしばです。特に、「提出物は国民健康保険のみ」というケースでは勤続年数がある程度の期間ないと借入は難しいと言えます。

 

 

年収

上記の項目で「信用に足る」と判断されて初めて「年収」が意味を持ちます。年収が900万円あろうと2,000万円あろうと、勤続年数が短い場合や、身分証明証に国民健康保険を提出している場合などでは、そもそもその年収が本当かどうかすら疑わしいという見方をされるからです。

 

金融機関の審査において、最終的には「継続性」がポイントとなります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ