貸したお金を取り返す方法

  • 2016/10/18
  • ギャンブル
  • 50view
  • YAZIUP運営
タグ

債権回収は諦めない心が大事

「知人に金を貸したけど返してくれない」「遊ぶ金はあるのに返済してくれない」こんな悩みを持っている人は意外にも少なくないようです。悩んでばかりでは何も解決しません。諦めない心を持つことが重要です。そうすれば、自分が何をすべきなのかが見えてくるものです。

テレビをつければ過払い請求のコマーシャルがバンバン流れていますが、過払い請求も貸し金の回収も同じ債権回収です。仕事であれば、顧問弁護士まではいなくても弁護士に相談するケースは珍しくありません。しかし、個人レベルとなると弁護士どころか誰にも相談しないで泣き寝入りする人がいます。過払い請求と同様に専門家に相談するくらいは考えましょう。

369634097

・弁護士や司法書士に相談する
前述の過払い請求ですっかりおなじみになっている弁護士と司法書士。この二つの資格職業は、貸し金の回収について相談に乗ってくれます。また、回収を委任することも可能です。ただし、司法書士の場合は簡易裁判所の管轄である140万円以下の事件しか扱えません。もし、貸している額が140万円を超えるのであれば弁護士のみが頼りとなります。

 

回収手段の具体的方法はこちら

弁護士や司法書士に依頼すれば、自分は何もしないで結果だけ待つということも可能です。しかし、専門家にお金を払うほどの回収額にならない場合や自分で何とかしたい場合もあるでしょう。どちらにしても、重要なポイントを外してはいけません。

・絶対に時効を回避する
まず、忘れてはならないのが時効の存在です。業としてではない貸し金は10年で消滅時効にかかります。10年間弁済がなく、債務の承認もなく、請求もせずなどということになれば債権が消滅してしまうのです。

よく勘違いされるのが「請求」です。何度も催促しているし請求書も内容証明で送っているから大丈夫という人がいます。しかし、それは請求ではありません。
消滅時効に関係する請求とは、請求訴訟などの裁判上の請求をいいます。単に督促しただけでは、法律上は「催告」にしかなりません。
催告は時効完成間際の窮余の策と考えます。なぜなら、催告から6ヶ月以内に裁判上の請求をすれば時効を中断させることができるからです。

377219473
TK Kurikawa / Shutterstock.com

また、たとえ1円であっても回収できれば、その時点で時効は中断します。中断した時効は、その時点から再び10年のカウントが始まります。

・最初は口頭でも次は書面で催告する
返してくれそうにないと思ったら、書面で催告しましょう。催告しておけば時効中断に余裕ができることは既に述べました。しかし、それには時間的な証明が必要になります。そのため、催告書は内容証明郵便かつ簡易書留くらいは利用してください。

・最後は裁判所を利用する
申立人の言い分だけで裁判所が出してくれる「支払督促」は相手にプレッシャーをかけるのに役立ちます。しかし、請求内容を裁判所が認めているわけではないので異議申し立てをされれば通常裁判か諦めるかの話になります。

回収のためには請求訴訟が一番です。60万円以下であれば少額訴訟の一回の審理ですませることもできます。ただ、これも相手が不同意で通常訴訟を主張されると適用されません。
裁判で勝訴判決を得れば、それを債務名義として強制執行の申立も可能になります。

460256464

・差押は空振りになることも
強制執行を希望するなら、相手の財産を特定する必要があります。裁判所は財産の捜索まではやってくれません。給与所得者なら会社を第三債務者としておさえることができますが、退職されればパーです。
銀行の口座も空にされれば無駄になりますから、真剣勝負といったところです。

何にせよ、裁判所に債権を認めてもらうことで時効を回避し、財産さえみつかれば回収できる状態をキープできます。いまは回収できなくても諦めないことです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ