借金するより貸す方がお得って?それ犯罪ですから

  • 2016/05/19
  • ギャンブル
  • 117view
  • YAZIUP運営
タグ

借金で苦しんだ経験のある人が夢見る利息生活

利息生活と言えば、億万長者の話と言うのは昔のことです。昔と言っても、中年世代が生まれた当時は郵便局の定額貯金の利率が一桁半ばくらいはありましたよね?一桁って1の位ですよ。1%としても一億あれば年間100万円の利息が付きました。3%で300万円、6%なら600万円。

104419211

十分に利息で生活できる環境があったのです。ほんの数十年前の話です。ところが、いま1億円の預貯金があったとしても利息生活なんか無理ってものですよね。利率が0.1%もあれば万々歳ですが、それでもたったの10万円。税金取られて・・・。

借金で苦しむ人には縁の無い話ですが、実は、預貯金をたくさんもっていた人も低金利時代突入で苦しむという笑えない話もあったのです。

しかし、借金生活者にとっても利息生活は夢に見る光景のひとつであることは間違いないでしょう。

279856970

 

 

安易にはじめられる利息を得る手段

そうはいっても、借金生活で苦しんだ人がいきなり大金持ちになれるわけでもなく。手持ちの小金をなんとか増やすのが関の山です。そこで、考えてしまうのが自分の経験を生かすこと。つまり、金を貸して利息を取ることです。

それも、消費者金融のような資金力がないので、知り合いや身近な人たちに小さく貸すというつつましい形です。利息も業者より安くすればみんな喜んでくれるはず。

でも、それ、犯罪ですから!
・貸付けを業として行う者は「貸金業者」である(貸金業法2条1項参照)
・行政の登録を受けない者は「貸金業を営んではならない」(貸金業法11条1項参照)

つまり、内閣総理大臣(2つ以上の都道府県に事務所か営業所を置く場合)または都道府県知事(1つの都道府県に事務所か営業所を置く場合)の登録(貸金業法3条1項参照)を受けずに金貸しをやると貸金業法違反なのです。

貸金業法47条には、無登録営業の罰則が定められています。
・十年以下の懲役若しくは三千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する
どうです?
小遣い稼ぎのプチ闇金の結果にしては怖すぎますよね。

258259811

自分は、困っている人を何人も助けているだけだ!と言ってみても、反復継続して常態化した行為は業となり、無登録営業には違いありません。

利息を払う立場から貰う立場になれば良いと言う、その発想はすばらしいです。しかし、そのためには超えるべき法律のハードルがあることを確認しておきましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ