大地震に見舞われたそのとき借金はどうなるのか

  • 2016/05/15
  • ギャンブル
  • 244view
  • YAZIUP運営
タグ

大地震で大きな被害に遭うと借金の返済どころではないが

大地震で大きな被害に遭った場合、その復旧や対策のためにお金がいくらあっても足りないという事態に陥るかも知れません。地震保険やなんらかの公的給付があったとしても、すべてを賄えるとも限らないです。

262119866

そんな状態では、借金の返済にまで資金が回らないということも十分に考えられます。それどころか、地震被害から元の生活を取り戻すために重ねて借金をしなければならないかも知れないのです。

しかし、借金の返済日は一日一日迫ってきます。大地震に見舞われたとき、借金はどうなるのか、どうできるのか。これは大きな問題です。
うちは借金なんかしていないから関係ない。と思うかも知れませんが、大地震といえば家屋の損傷、家屋といえば住宅ローン。ありませんか?

そこで知っておきたいのが、公私にわたる各種制度なのです。
誰でも使えるわけではありませんが、昔ならどうにもならなかった借金が、なんとかなる可能性が増えています。
240120346

 

 

金融機関の一部免除扱いから破産まで

2011年の東日本大震災では、倒壊した家屋の住宅ローンを抱えたまま、新しい住まいの家賃を払うという悲惨な光景が報道もされました。これを受けて、2015年9月以降に災害救助法適用災害が原因で住宅ローンなどを返せない状況に陥った場合、金融機関に一部免除の同意を求める手続きができるようになりました。まさに、平成28年熊本地震が起きる直前の2016年4月より受付が始まっています。熊本地震の被災者はほとんどが利用できるでしょう。

ただ、この扱いは住宅ローンや事業用など一部の債務に限られます。
また、被災者生活再建支援金という制度もあります。支援金の受給対象になった場合は最大200万円を得ることができます。

さらに、各種の貸付制度がありますので、当座はしのげるかも知れません。

しかし、このような対策では解決できない借金は、一般的な債務整理の検討をすることになるでしょう。債権者と話し合う任意整理、簡易裁判所に助けてもらう特定調停、住宅ローン以外の債務を激減させる民事再生、借金支払い義務の免責を目指す破産とあります。

111691784

最後に、究極の借金対策として「無視する」というものがあります。借りたものは返すということよりも、自分たちの身を守ることを優先するならあり得る手法です。財産のない人には有効な方法です。
非常時には多少かっこ悪くても、常識に囚われない借金対策が必要かも知れません。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ