貴方の時計は甦る!時を再び刻むオーバーホールのスゴ技!

  • 2016/02/26
  • ファッション
  • 197view
  • YAZIUP運営
タグ

家に眠っていませんか

高校や大学に合格した記念に時計をプレゼントされた、あるいは亡くなった祖父の形見として自分が受け継いだ、そのような経緯で時計をもらったことはありませんか。気が付いたらガラスにひびが入ってしまった、ねじが壊れてしまい、近所の時計屋では直せないと言われた。古い時計であればあるほどそうしたケースがあります。

押し入れの中で埃をかぶっているこの時計、実は今なら甦るんです!

122445058

 

 

時計のオーバーホールができる職人がいます

例えば戦前に製造された時計や、外国のメーカーの古い時計などはもう部品がないと思われがちです。10年前のパソコンですらもう部品がなく修理できないことがほとんどですし、もはやVHSのビデオデッキを購入することもできません。でも時計は違います。基本的な構造は変わっていないため、特にデジタル時計ではなくアナログ時計は修理が可能なんです。

「時計 修理」で検索すると、時計の修理、オーバーホールをしていますというお店がいくつかヒットします。オーバーホールとは「分解掃除」といって錆びた針を研磨したり、油を射したりするコンマ何ミリの技術がないとできない職人の神業です。

その職人の手にかかると、ガラスが割れて全く動かない、壊れているように見える時計も再生します。

308944661

 

 

どんな部品も在庫アリ、外国製も受付

修理を受け付けている職人は、過去の時計メーカーの予備部品を用意しています。もう製造されていない戦前の部品もあるところにはあり、対応が可能です。もし、その職人が持っていなくても、他の職人と融通し合う中なのでたいていのものは対応できます。

「戦前」「外国」などの要素が絡んでいても対応できないものはないくらいで「他で断られてもうちでは」と謳っている所であればまず大丈夫だと思います。

298761362

 

 

気になる値段は?

肝心の価格ですが、メーカーや製造時期によって前後しますが2万円~8万円くらいでバンドの交換も含めて可能です。

「新しく買ったほうが安い」という人もいるでしょうが、色々な経緯でもらった大切な時計ですので、金額では計り知れない価値があり、70年~80年前のものであっても、今腕に時計をしても全然通用するかっこいいものばかりです。

まさに数十年の時を超えて再び秒針が動き始める歴史的なからくりです。とはいえ、交換部品は有限であり、職人さんも高齢化しています。もし、手元に動かなくなった時計があるならば今、修理をお願いしてみましょう。絶対に満足できます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ