柄や色で選ぶだけじゃだめ。ネクタイ選びの盲点とは

  • 2016/05/05
  • ファッション
  • 206view
  • YAZIUP運営
タグ

新しくネクタイを買う。そのとき、長さに注意していますか?

ネクタイを新しく買うとき、何が気になりますか。柄? 色? 素材? まあ、普通はこの3つでしょうね。
でもねえ、大事なことを忘れちゃいませんか。それは、長さ。そう、ネクタイ全体の長さです。

183014015

 

 

ネクタイの先端がベルトにかぶさるようにするのが基本

長さについて考えるには、まず、ネクタイの締め方をきちんと理解しておく必要があります。
スーツを着たときにスーツの襟とドレスシャツとネクタイが構成するスペースを「Vゾーン」と言いますが、ここにはいくつか守るべきルールがあります。まずは、上着の襟の一番幅広の部分とネクタイの一番幅広の部分がほぼ同じか、ネクタイのほうが少し狭めであること。次に、ネクタイの一番幅広の部分が、ドレスシャツの襟の長さを少し上回っていること。そして、これが最重要ポイント。締めたときにネクタイの先端(大剣といいます)が、わずかにベルトにかぶさるようにしなくてはいけません。しかも、このとき、ネクタイの一番細い部分の逆三角形(小剣といいます)は、大剣よりも1cmほど上になるようにするのが、基本ルールです。

318425903

 

 

長さは結び方によっても変わる

ネクタイの結び方はいろいろ。学校を出て社会人になるとき、プレーンノット、ダブルノット、ウィンザーノットなどいくつもある結び方を本で勉強した記憶がある人も多いでしょう。そうして、ネクタイの大剣がベルトにかぶさる位置にくるかどうかは、この結び方によっても変わります。
だから、「長さ」が、ネクタイ選びの重要ポイントになるのです。

184408994

 

 

基準は142cm。身長に合わせて選ぼう

日本製のネクタイは、かつては138cmのものがほとんどでした。これは、生地を無駄なく使えるサイズだったことが大きな理由です。
しかし、いまは違います。142cmのものが多くなり、145cm、148cmといった長めのものもあります。たかが数cmの違いですが、締めたときに大剣がおさまる位置はずいぶん変わります。
ちなみに、142cmという長さは、身長が170cm以下の人に適するサイズ。それより大柄な人は、146cm以上というのがひとつの目安になります。

 

 

短いネクタイは体を寸詰まりに見せる

短いネクタイは、身長を低く、Vゾーンを貧弱に見せてしまいます。
たかがネクタイと言わずに、長さにまで気を配って選ぶのが、紳士たる者の務めですぞ。

235957267

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ