スーツやネクタイ選びだけで大きく印象の変わるビジネスファッション

  • 2016/04/11
  • ファッション
  • 178view
  • YAZIUP運営
タグ

スーツ選び一つで印象もアップ!生地選びも重要なポイントです

ビジネスのファッションにおいてスーツとネクタイというものはその人の印象を大きく左右することになるとても重要なアイテムと言えます。特にスーツに関しては色や形だけではなく使用されている生地によっても見た目の印象が大きく異なります。

新卒で社会人なり立ての頃やまだ20代の社会人であれば生地にそれほど拘らなくても問題はありませんが、ある程度年齢を重ね中高年社会人となっている場合には、スーツの生地も周りの人からチェックされていることが多く特に役職に就いている場合には安物のスーツではやはり威厳が保てませんし安い生地は安い生地なりの見た目になるため見た目の印象も安っぽくなります。その為スーツにこだわるのであればブランドよりもまずは使用されている生地に拘り、上質な生地を使用したスーツをオーダーメイドで作るのも良いのではないでしょうか。

300006908

 

 

ウケ狙いはNG?ネクタイの印象はその人のセンスが問われる重要なポイントです

ビジネスファッションにおいてスーツの次に重要なのがネクタイです。ネクタイはスーツ姿を引き締めるために必ず必要となりますし、ネクタイがあるだけで見た目の印象も大きく変わります。

しかしそのネクタイ選びはとても難しく、ネクタイの柄を少し間違えただけでコーディネートが台無しになってしまうことも考えられます。特にウケ狙いでキャラクターのネクタイや奇抜な柄のネクタイを着用してしまうと、一瞬は職場の同僚や部下にウケるかもしれませんがそれを続けていると単なる勘違いしたイタイ中年という印象が定着してしまうことになります。

その為スーツに合わせたネクタイを着用することが必要ですし、ウケを狙うのであれば仕事中ではなく宴会などの席でウケ狙い用のネクタイを着用すればいいわけですから、仕事中はできるだけキャラクター柄などは避けましょう。

204699037

 

 

スーツとネクタイ、靴などのバランスを考慮してトータルコーディネートを考えましょう

ビジネスにおけるファッションに求められるのはスーツやネクタイ、靴や小物に至るまですべてのバランスが取れていることで、トータルコーディネートを考えたスーツやネクタイ選びが必要になります。時々見かけるのがスーツやネクタイは完璧だけれど靴選びを失敗しているケースや、1点1点の選び方はサイズ感も完璧なのにトータルコーディネートを失敗しているとうケースです。

特に中高年に多いのが色のバランスがバラバラというケースで、この場合は統一感が全くないため見た目の印象もチグハグで不格好に見えてしまいます。例えば季節感の全くない色の組み合わせは見た目の印象が悪いですし、寒い時期に寒色系のスーツやネクタイは寒々しい印象になります。

逆に夏に暖色系のコーディネートだと見た目にも暑苦しくなるので、その点も考慮したコーディネートを心がけましょう。

245064844

 

ビジネスのファッションはその人の印象を良くも悪くもするもろ刃の剣と言えます。その為自分ではバッチリと思っていたスーツやネクタイが実はあまり良い印象を与えていなかったということも有りますので、勝手な思い込みではなくきちんとコーディネートを勉強することも必要でしょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ