変化の少ない男のビジネス・スタイル。ならば、サスペンダーで一新!

  • 2016/04/04
  • ファッション
  • 433view
  • YAZIUP運営
タグ

もっぱらカジュアル用になってしまったサスペンダー

古くからあるアイテムなのに、あまり好む人がいない、一時的に流行することはあっても定着しないものが、ファッションの世界ではよく見られます。その1つに、サスペンダーがあります。
と言うと、「ん?」と不満顔になる向きもあるかもしれません。特に春から秋にかけての季節、繁華街を歩けば、サスペンダーはよく目にするものだからです。
でも、よく見てくださいよ。サスペンダーは若者に好まれていますが、実際に身につけるのはジーンズやコットンパンツ姿。ビジネス・シーンではありません。おまけに、最近目につくのは、どちらかというと女性のカジュアル・ファッションでです。
318292217

 

サスペンダーは、時間とのせめぎあいのなかを生きる男たちのもの

そのサスペンダーを積極的に使いましょうよ、というのがここでの提案。なぜ? 決まっているじゃありませんか、格好いいからです。
50代に入った世代の人なら、ほら、1980年代末の映画『ウォール街』ですよ、マイケル・ダグラス演じた証券マンのスタイルですよ、と言えば通じるかもしれません。大昔からサスペンダーを愛用してきたのはニューヨークの新聞記者たちですが、証券マンも含めて、時間とのせめぎあいの中で生きる男たちのユニフォームというイメージが、サスペンダーにはあります。
だから、毎日を忙しく生きるあなたにこそおすすめしたいのです。
164106284

 

発明したのは、なんと、あのベンジャミン・フランクリン

サスペンダーを作り出したのは、意外ですが、アメリカ合衆国の建国の父の1人と呼ばれる政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者、ベンジャミン・フランクリンです。1736年、彼が住んでいたフィラデルフィアでは、消防作業にボランティアの人たちがあたるのが普通でした。正規の消防士たちとは違い、彼らには制服がありません。そこで、まちまちの服装を統一させようじゃないかと思い立ったフランクリンが考えついたのが、サスペンダーだったのです。

サスペンダーは限られた職業に結びつくアイテムというイメージは、誕生のときに決まっていたのかもしれません。
305129843

 

メタボ体型のカバーにも役立つサスペンダーを、いまこそ

あまり大きな声では言えませんが、サスペンダーはメタボ体型にも最適です。ベルトだと落ちやすいズボンが、ぴしっと位置を保ち、落ちる心配がなくなります。

室内では上着を脱ぐようになる季節、颯爽としたサスペンダー・ファッションは、若い女性社員たちの目を釘付けにするかもしれませんよ。
336369365

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ