お洒落オヤジのシーン別ネクタイの結び方

  • 2016/03/10
  • ファッション
  • 341view
  • YAZIUP運営
タグ
  • スーツ/ネクタイ
  • おしゃれ
  • ネクタイ
  • ビジネスマナー
  • ビジネスマン
  • ファッションマナー

さまざまなシーンに対応出来るネクタイの結び方

ネクタイの結び方にも種類があり、向いているワイシャツやスーツのタイプが有ります。おしゃれな大人の男性として普段からそれぞれのシーンや服装に合ったネクタイの結び方を選んでいると確実にポイントUPです。

では今回はこれだけ覚えておけばOKと言えるさまざまなシーンに対応出来る5種類をご紹介したいと思います。

 

プレーンノット

102152641

定番中の定番と言える結び方。
19世紀から使われている歴史ある結び方です。使用頻度も使用範囲も広いため万能とも言えますが、少し面白みにかけます。

 

 

 

ダブルノット

02226

名前の通りプレーンノットの大剣を二重巻きにすることでプレーンノットよりも少し結び目にボリュームを持たせることができます。
そこまで結び目が大きくないので、品よく仕上がり分かる人には違いがわかるという粋な結び目でもあります。

 

 

スモールノット

38139610

コンパクトな結び目になるのが特徴である結び方。
プレーンノットなどは大剣を巻いて結び目を作りますが、スモールノットは小剣を巻いて結び目を作るため小さくなります。最近流行りのスリムなスーツなどにもよく合うおしゃれな結び方ですが、かしこまったフォーマルな場にはあまり向きません。

 

ウィンザーノット

97344698

ウィンザーノットはウィンザー公が発明したと言われる結び方。
その特徴的な大きな結び目はとても品位があり、格式高い印象を与えます。うまく結ぶには大剣を左右にかける時に締め具合を均等にすること。フォーマルな席などでもきちっと結べていると高評価。

 

セミウィンザーノット

プレーンノットは結び目が左右非対称になりやすく、でもウィンザーノットでは結び目が大きすぎる、ネクタイがそこまで長くない時にはセミウィンザーノットがおすすめ。
ウィンザーノットの二回大剣を巻く工程を一回にした巻き方。結び目はそこまで大きくないが左右が綺麗に均等になるため、非常に見た目のバランスが良い巻き方。ぜひマスターしたい。

 

 

この5種類が大人の男性として必須のネクタイの結び方です。慣れるまで時間がかかりますが、気がついたら鏡も見ずに結べるようになります。

おしゃれな男性としてネクタイの結び方で自分を表現してみましょう。

この記事につけられたタグ

  • スーツ/ネクタイ
  • おしゃれ
  • ネクタイ
  • ビジネスマナー
  • ビジネスマン
  • ファッションマナー

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ