今日のプレゼンの為にハートのネクタイを選んだぜ!えっ、ダメ?!

  • 2015/12/22
  • ファッション
  • 180view
  • YAZIUP運営
タグ

ネクタイを選ぶ時に気をつけるべきポイント

ビジネスマンにとって、ネクタイは欠かせないアイテムです。どんなネクタイを選ぶかによって、同じスーツでも違った印象に見えます。
ネクタイの種類は数多くあり、同じ柄のものを付けている人は見かけないというほど、バリエーションがあります。種類が多いだけに、どんなものを選ぶか、その人のセンスが出ます。
基本的なネクタイの選び方としては、スーツの雰囲気に合ったものであることが欠かせません。基本的にネクタイはスーツに合わせるもの、ということは、ビジネスシーンで着用するものです。
その為、カジュアル、ビジネスのどちらでも使える柄を選ぶよりも、ビジネスシーンで使えるオーソドックスなものを選ぶのが失敗が少ないでしょう。ビジネスで使えるのは、無地、ドット、ストライプです。

116228998

 

 

色の選び方によってネクタイの印象は変わります

ネクタイはスーツの色に合わせて選ぶことは既に言及しましたが、最もオーソドックスで失敗が無いのが、スーツ、シャツの色と同系色を選ぶことです。ただし、これらとまったく同じ色を選ぶのではなく、色の濃淡を付けることによりメリハリを出していきます。
ネクタイはスーツにおいてはアクセントの役割を果たしますので、シャツよりも濃い色を選ぶのがおすすめです。同系色では地味すぎる、印象がぼやけているという場合は、あえて違う色を選ぶという方法もあります。
その際、使っている色は3色以内に抑える方と、統一感が感じられます。

204699037

 

 

ネクタイの柄の種類と選び方のコツを知っておきましょう

無地のネクタイは定番かつ、スーツに併せやすい特徴があります。織り柄の有無や素材によって、見え方の印象も変わります。
オーソドックスなものだけに、出来ればシルク100%の高品質のものに拘りたいところです。ドットはオーソドックスな柄なので、1本は持っておきたいものです。
模様が小さいほど公式な場にも違和感無く使える特徴があります。斜め縞のレジメンタルストライプはストライプの太さや使われている色によって印象が変わります。
小さめの模様が繰り返す小紋柄は、上品かつ洗練された印象が持ち味で、使うシーンを選びません。

 

92647921

 

 

スーツの良きアクセントともなるネクタイは、色や柄の選び方によって受ける印象が変わってきます。ビジネスシーンで用いるネクタイは、スーツの色に合わせた色合いでオーソドックスな柄を選ぶと、統一感が感じられます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ