簡単にカッコよくできる上級テクニックのポイントは、柄シャツと柄ネクタイの使い方

  • 2016/11/02
  • ファッション
  • 47view
  • YAZIUP運営
タグ
  • スーツ/ネクタイ
  • おしゃれ
  • かっこいい
  • コーディネート
  • シャツ
  • ネクタイ
  • ビジネスマン
  • ファッション

Vゾーンで個性を表す

79661143
スーツスタイルで最も個性を出すことができるのがVゾーンであることに異議を挟まれる方は救いないのではないか、と思います。職場によっては毎日ワイシャツにネクタイ着用という方も多いはずですから、毎日同じ漢字のシャツとネクタイの組み合わせばかりでは、カッコいいオヤジを目指すこのページの読者の皆様の名が廃ります!
たまには今まで着たことのない色のシャツを合わせてみたり、ウールなど素材で遊んでみたりするのも、素敵なVゾーンの演出の仕方ですが、もっと目先を変えてみて、柄物のシャツに柄物のネクタイを合わせてみるのはどうでしょうか?

 

パターンオンパターン

265962032
一般的に柄物と柄物を合わせることをパターンオンパターンといいます。異なった柄物の上着とパンツを合わせる、柄物のジャケットとシャツを合わせるなど楽しみ方は無限大です。
一昔前のファッションの常識では柄物に柄物を合わせるのは野暮ったい組み合わせなどと言われていましたが、ファッションの常識は常に移り変わるの習いのとおり、今ではお洒落な組み合わせの筆頭にあげられるほどです。

 

組み合わせにはコツがいる?

476273599
ところがパターンオンパターンの合わせ方は柄と柄を合わせるだけに少しコツが必要です。妙な合わせ方をしてしまうと、本当に野暮ったくなってしまいますので、そういった意味ではお洒落ではありますが、お洒落上級者向けの合わせ方ということもできます。                                                  従ってあまり自信のないうちはジャケットとパンツなど大物から取り掛かるのではなく、ますはシャツとネクタイの組み合せから入っていくのがおススメです。

 

具体的な合わせ方

393270622
シャツとネクタイにパターンオンパターンを採りいれる場合、ますシャツかネクタイのどちらかいっぽうだけに印象の強い柄を持ってくることが肝心です。両方とも主張の強い柄同士を合わせてしまうとVゾーンの中で双方が主張し合ってしまってちぐはぐなコーディネートになってしまいます。
この主張の強い柄、というのをもっと具体的に申し上げるならば、例えば太いストライプ柄のシャツのように柄のコントラストがハッキリしたもの、例えば大きな水玉柄を配したネクタイなどをイメージしていただければお分かりになるのではないでしょうか。こうしたアクの強いアイテムに合わせるシャツやネクタイはできるだけ控えめな柄(例えば細かいストライプや小さな水玉、細いストライプのネクタイなどですね)がしっくりときます。

その他にも細々としたルールはありますが、いちばん大切な基本は上記となります。是非、トライしてみてくださいね!

この記事につけられたタグ

  • スーツ/ネクタイ
  • おしゃれ
  • かっこいい
  • コーディネート
  • シャツ
  • ネクタイ
  • ビジネスマン
  • ファッション

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ