スーッと似合うスーツが欲しい

  • 2015/12/14
  • ファッション
  • 139view
  • YAZIUP運営
タグ

スーツの色と布地が一番先に目にとまります

毎日何気なく着ているスーツ、ビジネスマンの必須アイテムですが、街を歩いている人をみると、スーツが似合う人、似合っていなくて、スーツが街を歩いているような野暮ったい人もいます。他人から見て、まず最初に目に入るのはスーツの色合いです。
さらに近づいてみると、布地の風合いや細かい模様などが見えてきます。スーツを誂える時も、レディーメードのスーツを買う時も、たいていはこの順序で、まずは色合いを選び、手触りを確かめるのがスーツ選びの手順です。
ビジネス用のスーツではファッションを意識するというよりも、昔からダークスーツと言われる色合いが無難です。黒っぽいグレー、紺、茶、グレー。
細めのストライプや目立たない程度の格子模様などが入っているのもおしゃれです。布地の王道はやはりウール100%、着心地が違います。

83745337

 

 

大き過ぎればだらしない、小さ過ぎればツンツルテン

色と布地が決まったら、次はサイズ合わせです。選んだスーツを数点着てみます。
洋服店で購入する時、店員さんはまず全体を見てから、肩パッドのあたりを持ち上げ、肩を両端から押さえます。肩幅にスーツがあっているかを確かめています。
スーツの肩の位置が肩幅より広い位置にあると、脇までがダブダブになったり、前面の胸のあたりもゆったりし過ぎて、だらしなく見えます。逆に小さ過ぎると、脇や胸のあたりがいかにも窮屈そうで、見ている方も息苦しくなります。
ファッションには自己主張や好み、流行のデザインがありますが、サイズが合わないスーツはとてもファッショナブルとは言えないでしょう。袖丈、着丈なども確認します。

285849626

 

 

バラエティに富んでいるスーツのデザインや値段

デザインの幅が無いように思えるスーツですが、サイドベントとセンターベントの違いなどははっきりわかるデザインの差です。気が付きにくいのはラペルと呼ばれる下襟のデザイン。
幅の広さや角の向きが上向き下向き、折り返しの長さなど、微妙に違います。特に幅は、恰幅の良い人なら幅広が似合うし、若いスリムな人には幅が狭い方が若々しく感じられます。
ボタンの数やボタンの材質も案外目立つものです。さて最後に、ふところ具合との相談です。
安心できる素材を使い、しっかりとした縫製、自分に合ったサイズ、結局、ほどほどの値段になるものです。あまり安いスーツは着ていて楽しいものではありません。

81430021

 

スーツの着こなしには、上着、パンツのほか、トータルファッションとしては、シャツ、ネクタイ、ベルト、靴との組み合わせが大切な要素です。けじめとメリハリのあるファッションを愉しむことで、ビジネス推進のエネルギーになるといいですね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ