大人の男なら、カシミアのコートをせめて1着

  • 2016/09/21
  • ファッション
  • 99view
  • YAZIUP運営
タグ

黒のウールのコート。雑踏の中でも目立ちますね

冬の雑踏の中、黒のウールのロングコートをまとった女性を見て、ぱっと目を引きつけられたことはありませんか。最近は暖冬+暖房完備の環境のせいでめっきり減りましたが、黒のウールのコートはやはりいいものです。何よりも、高級感があります。上品です。これを着ている人はきっと知性が豊かで、心があたたかいと思わせるものがあります。

これは、女性だけでなく男性も同じ。秋〜冬〜春へとステンカラーやトレンチコート1丁ですませる人が大半になりましたが、ウールのコートはやはり1着は持っていたいもの。日常着としてではなく、とっておきのドレスアップ・アイテムにするのなら、ただのウールではなく、カシミアとの混紡、あるいはカシミア100%の1着があると、いざという時への備えにもなります。

290607782

 

普通のウールではなく、カシミアなら最上級

生地の種類にはうといという方のために説明しておくと、ウールとは羊毛から作られる生地。そして、カシミアとは、インドのカシミール地方原産のカシミアヤギの毛から作られる生地をいいます。

カシミアヤギは、一般の羊のようにどこでも育てられるというものではなく、気候条件などに多く制約があるために、どうしても少数。それだけに、生地としては最高度に高価です。それでもカシミアを求める人が多いのは、軽くふんわりとして暖か、しかも肌触りがこの上なく良好だからです。ことに、内モンゴルで育ったカシミヤ山羊の胸の毛を使った生地は、最高とされています。

 

カシミアのコートでエグゼグティヴ気分

年末や年始には、高級ホテルを会場にした大がかりなパーティーが多く開催されます。このとき、参列者はクロークでコートを預けることになりますが、クロークの係員はベテランともなると一目でコートのよしあしを見分けるそうです。上質のカシミアなら、クローク係だけでなくホテルマン全員に好印象を与えること間違いなし。気持ちのよいサービスが期待できます。

ビジネスマンとしてキャリアを重ねてくると、エグゼグティヴが多く集うそういうパーティーに出る機会も自然に増えてきます。だから、カシミアのコートを1着というわけです。

274170074

 

まがいもののカシミアに要注意

ここ20年ほどの間に、カシミアをめぐる環境は激変しました。かつて「繊維の宝石」と呼ばれた時代はどこへやら、価格破壊が進み、かなりの低価格のものも出回るようになったからです。
しかし、実際には、まがいものが多くあるのが現実です。カシミア100%とうたわれてはいても、アフガニスタンやイランなど、品質の点で問題のあるカシミアがあります。また、アンゴラや普通のウールを混ぜて織っている粗悪品もあります。

質の違いは手触りでわかると言われますが、そうなるには相当の長い経験が必要でしょう。素人にはとても無理。結局は、「価格」で区別するのが一番のようです。

 

「10万円」が、質を分ける分岐点

一張羅と呼ぶにふさわしいカシミア100%のコート。その質を分ける分岐点は、ずばり「12万円」です。ご存じのとおり、ファッションは「ブランド」がものを言う世界ですから、著名ブランドになると、12万円以上でも、「ウール95%、カシミア5%」なんてのがあります。でも、一般的には、「カシミア100%」であることを確認した上で価格が12万円以上のものを選べば、まず大丈夫。本物と見て間違いないでしょう。

一番確実なのは、オーダー店に行って、話を聞き、手で確かめること。冬が来る前に、ぜひ一度お試しを。

296441669

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ