ネクタイは無用の長物? それでもやはり男のシンボルなのだ

  • 2016/08/02
  • ファッション
  • 98view
  • YAZIUP運営
タグ

ネクタイは首を絞めるための道具?

「機能」という観点から見ると、ネクタイは何の役にも立たない無駄なものと言っていいでしょう。ネクタイでできることと言ったら、腹立たしくなったら相手のネクタイをつかんで首を絞めるぐらい、なんておっかないことを言う人もいます。
それなのに、夏のクールビズ期を除いてノーネクタイになるビジネスマンが少ないのは、単なる習慣ということでしょうか。ノーネクタイだと、ついつい相手に軽く見られがちということもありますね。

333661451

 

発祥はクロアチアの軍人から

ヨーロッパでは、ネクタイは“cravat”(クラヴァット)と呼ばれています。街を歩けば、そう書かれた看板が目に入ります。
クラヴァットの語源は、「クロアット」。「クロアチア人」という意味です。17世紀頃というから中世ですが、クロアチアの軍隊はヨーロッパ一と言われるほど勇猛果敢で、あるとき、トルコ軍を撃破してフランスのパリを訪問。軍人は皆首に飾り布を巻いていて、それが時の国王ルイ14世の目にとまり、国王が愛用しはじめたことからネクタイの歴史が始まったのだといいます。

クロアチアの軍人たちが首に巻いていた布は、もちろん単なる飾り。ということは、ネクタイはそもそもの始まりから実用性のないアクセサリーだったことになりますね。

 

ネクタイは男のペニスの象徴だ、と言った人も

そんな実用性のない布きれにン千円、時にはン万円も出すなんてもったいない。そんな声が出そうですが、ここで一息。単なるアクセサリーだから大事。冷静に考えれば、そうも言えるのではありませんか。

アメリカのある社会学者は、「ネクタイは男のペニスの象徴だ」という名言を残しました。男にとって唯一しゃれっ気を発散できるファッションアイテムであり、しかもネクタイの質やデザイン1つで人物評価されることが多いのだから、女性に対するアピールという点でも大いに活用せよ、というのです。

128768480

 

知的に見える結び方をしましょうよ

となると、電車内で目にするビジネスマン諸氏のネクタイがあらためて気になりますが、材質や柄、太さといった要素は脇にのけておいて、1つだけ声を大にして言いたいことがあります。結び方です。

20年ほど前からでしょうか、ネクタイは結び目を小さめにおさえ、結び目の下にはディンプル(くぼみ)のできる結び方が最も知的に見える結び方とされています。一時期流行った太くて大きいウィンザー・ノットなどは、「いまどきあの結び方をするのは悪徳成金だけ」と言う人もいるほどです。

BSでたくさん見ることのできる海外のニュースショーの進行役をつとめるキャスターと日本のテレビのそれとを比較すると、そのことが実感されますね。

336521153

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ