夏のスーツにはライトグレーを選ぶべき理由

  • 2016/06/12
  • ファッション
  • 157view
  • YAZIUP運営
タグ

黒スーツから卒業して大人の男性に

369300779

夏の時期には何色のスーツを着ていますか?年中通して一着のスーツだけということはないでしょうか。スーツに春夏物と秋冬物があることはご存じかと思いますが、スーツには、夏に最適な色があることも覚えておきたいものです。

多くの人は、濃紺や濃いグレーのスーツを着ます。これは就職活動などに求められるスーツの色であることから、日本企業のフォーマル色といっても過言ではありません。しかし、外回りをする営業や採用活動など、不特定多数の人と接する機会が多い男性は、相手に好印象を与えるコーディネートを心掛けたいところです。黒や濃紺、濃いグレーなど、いわゆるダークカラーのスーツは、所属企業に対しての印象は良いかもしれませんが、それ以外の人にとってもそうとは限りません。ここでは、夏に向けたスーツ選びのコツを紹介したいと思います。

 

一着は持っていたいライトグレーのスーツ

170760509

夏のスーツといえば、涼しげな印象を与える「ライトグレー」が定番かつお勧めです。濃い色のスーツだと、夏の直射日光を浴びたスーツは「熱がこもっていそう」という暑苦しい印象を与えてしまいます。単純に、夏の暑い日に「全身黒づくめの男性」を見てどう思うか、想像すれば分かるかと思います。

 

シャツやネクタイも薄めの色で

80516113

そして、シャツやネクタイにも夏色があります。まず、シャツは薄いブルー系がおすすめです。白でもOKですが、白いワイシャツは本来、冠婚葬祭に着るもので、ビジネスシーンには不向きとされており、欧米の人が見たら違和感を覚えるそうです。最近では着る人が増えましたが、黒いスーツも同様の理由でビジネスシーンには向いていません。

ネクタイは、濃い色でも構いませんがニットタイがお勧めです。空気を含んだニットの質感が、涼しさを演出します。色は、とにかく明るい色が基本となり、薄いピンクやグレーをベースにしたものが合います。「薄い色だと印象がぼやけてしまうのでは?」という心配をする人がいますが、日本人は黒髪なので、スーツやVゾーン(シャツとネクタイ)の色が薄目でも、メリハリがつくので心配ありません。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ