おしゃれに見せるスーツの着こなし方

  • 2016/05/16
  • ファッション
  • 187view
  • YAZIUP運営
タグ
  • スーツ/ネクタイ
  • おしゃれ
  • コーディネート
  • スーツ
  • ネクタイ
  • ビジネスマン
  • ファッション

おしゃれなビジネスマンはシャツにもさりげなくこだわる

スーツをオシャレに着こなしたいと思ったら、全体的な色のバランスが大切になります。基本的に就活の際には紺色のスーツを購入するもので、それからどこまで自分なりのファッションセンスを身につけていくかがオシャレのポイントとなります。

まずはシャツの着回しのテクニックを身に付けると次にネクタイを選ぶ基準が判断できる様になります。一般的にビジネスマンは、一番着回しが効いて無難な白の無地を選びます。

しかし社会人になって長い人ほど白地に目立たない程度のストライプが入ったシャツにも挑戦してみましょう。最近ではストライプの種類もブルー・グレー・パープルなどさまざまなシャツがありますが、コツはなるべくストライプが細かいものを選ぶことです。

53322175

 

 

おしゃれな男性は色を考えてネクタイを選ぶ

ビジネスマンというのは毎日同じ服装という印象があります。このマンネリなファッションをよりオシャレに見せて、周囲の男性と差をつけるには、全体的な色のバランスを考えることが大切です。

まずは基本となるスーツですが、殆どの人がネイビーやグレー、或いはそれにストライプが入ったものを持ってます。ここでのコーディネートのポイントは、「スーツ・シャツ」のそれぞれの色が1色ずつ入っているネクタイを選ぶことです。

例えばネイビーのジャケットで白無地のシャツを着る場合、ネクタイ選びとして同じネイビーで、白い柄が含まれているものを選ぶと洗練された印象になります。男性の場合あまりカラフルになることはないのですが、中には柄シャツを着る人もいるので、色に統一感を持たせましょう。

176411000

 

さまざまなカラーのネクタイを合わせて楽しむコツ

男性が毎日オシャレを楽しみたいと思ったら、ネクタイで自己主張をする人が多くなります。まず基本的にスーツがダークカラーですので、比較的にどんな色でも合わせ易く、中にはイエローやピンクといった派手目なカラーを好む人もいます。

但しピンクやオレンジ・イエローなどのビタミンカラーを選ぶ場合には、マットカラーと言われる少し暗めな感じの落ち着いたカラーにすることがポイントです。パッと全体を見てネクタイだけが視界に入ってくるというのは派手過ぎてビジネスマンには向きません。スーツのVゾーンにしっくり収まるカラーを選んだ方が好印象を持たれます。

但しファッションセンスはすぐに磨かれる訳ではありません、何となく失敗したかなと思いながらいろいろな組み合わせを試してみる勇気も大切です。

18900346

若いうちは多少スーツとネクタイのバランスが悪くても勢いがあるので気にならないものですが、中高年になると品格も大切になります。シャツもネクタイも早めにいろいろなカラーに挑戦しておき、カッコいいおやじを目指して自分なりのファッションセンスを身に付けましょう。

この記事につけられたタグ

  • スーツ/ネクタイ
  • おしゃれ
  • コーディネート
  • スーツ
  • ネクタイ
  • ビジネスマン
  • ファッション

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ