YAZIUP CLUB会員募集中

ひとビンのオードトワレがもたらしたもの

  • 2017/06/27
  • ファッション
  • 44view
  • アントニオ犬助
タグ
  • 香水
  • ブランド
  • 加齢臭
  • 芸能人
  • 著名人
  • 香水

ニオイという、強迫性のもの

ニオイという、強迫性のもの

立っているだけで汗ばんでしまう、こんな季節になりました。すると、目立ちだすのがニオイについてのCM、ワキのニオイとか頭皮のニオイとか、加齢臭とか。それらに共通するのは実に脅迫的なトーン、「あなたは気がついていないかもしれないけれど、まわりの皆は気がついています」的なニュアンスです。
そんなのを目にする度に、うるせえ!! ニオイがするものしょうがねーじゃねえかと、開き直ってきたのです。大体、自分がどんなニオイなのかなんて気がつく機会がないのですから、それを改めるも何もない。

そもそも、加齢臭って何だ? という話ではないですか。そんな言葉が産み出される前は「おじいちゃんのニオイ」で片づけられており、不快なものとはされていなかったはず。それを加齢臭って名前まで付けて、対策グッズの市場まで作り上げようというのですから、まさに脅迫、カツアゲとかわらねーじゃねえか。

 

最近、愛用しているオードトワレ

そんな私が最近、オードトワレを愛用するようになったという話です。
銘柄は「ラルフローレン・ポロスポーツ・メン」、香りは楕円形の青いボトルさながら爽やかな印象。ブランドのホームページによると、ジムで汗を流すニューヨーカーのライフスタイルから生まれた香り、などと歯が浮くようなことをいっているのですが、柑橘系とミントの香りがうまい具合にブレンドされていていい感じ。
メンズのオードトワレというと、どうしても濃厚でリッチな印象が強かったのですが、このポロスポーツは非常に軽やか。元気が出ない朝などに身につけると、かなり気分も上がったりするのです。

 

香水といえば、マリリンとシャネルNo.5

香水といえば、マリリンモンローとシャネルNo.5

さて、香水と聞いて一番最初に頭に浮かぶエピソードとはマリリン・モンロー、米LIFE誌のインタビュアの問いに答えたというシーンです。

「いつも眠るときには、何を身に付けていますか?」「No.5を数滴」

まあ、何とセクシーかつ知的な受け答えでしょうか。芸能関係のインタビュアの古今東西共通の下世話さを見事に返すという技の切れ味。結果、シャネルのNo.5の売上は飛躍的にアップ、2013年には改めてNo.5のキャンペーンキャラクターに彼女を起用したのも、まだ記憶に新しい所です。

 

香水には常習性が!! そりゃ、寝るときも……

しかし、香水には中毒性というか、常習性があるもの。最初は外出時だけにポロスポーツを付けていたのですが、次第に付けていないと何となく不安というか、物寂しい気分になってしまうようになりました。
今では外出の予定のないときも、洗顔の後は身につけるようになってしまいましたのですから習慣性は相当なもの。
さすがに不出世の大女優のように、寝るときも数滴というまでには至っていませんが。

 

爽快感と渦巻く疑念、香りが持つ魔力とは

爽快感と渦巻く疑念、香りが持つ魔力

さて、ポロスポーツを愛用するようになった。そのきっかけは妻からのプレゼントだったのです。まあ、これが若い頃ならば、ちょっとした自慢とかノロケにもなるのでしょうが、自他共に認める立派なオヤジとなってしまうと、非常に微妙なものなのです。

「何? 俺のニオイってそんなにきついわけ?」「面と向かって指摘することが出来ないから、香水をプレゼントしてくれたわけ?」まあ、結果として香りは気に入っていますし、気分転換のアイテムとしても重宝してますから結果オーライなのです。

しかし、しばらくたってもう一つ気になる点が出てきたのですが……妻はポロスポーツの香りをどこで知ったのか? 気分転換になるといいつつも、心のなかに渦巻く疑惑、これも香水の魔力というのでしょうか。

この記事につけられたタグ

  • 香水
  • ブランド
  • 加齢臭
  • 芸能人
  • 著名人
  • 香水

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ