紳士たるもの香水のマナーは知ってて当然だよな?

  • 2015/12/10
  • ファッション
  • 129view
  • YAZIUP運営
タグ

オフィスで付ける香水は臭いすぎに注意しましょう

近頃では、30代、40代の男性にも香水を使う人が増えています。香水を使うのは女性だけではありません。
男性にとっても、香水はファッションアイテムの定番と位置付けられていると言えますが、付けすぎには注意が必要です。体温で温められた香水は、上に向かって徐々に香りが広がっていきますから、足首やひざの裏などの下半身に1プッシュだけで充分なのです。
手首や耳の裏に付ける人が多いのですが、相手に近づける部位に香水を付けてしまうと、付ける量に失敗した時に取り返しがつきません。自分で香っているのが分かるレベルは付けすぎのサインですから、出勤前の1プッシュが適量で、相手に不快感を与えないレベルなのです。

224496151

 

 

オフィスで付ける香水はスメルハラスメントに注意しましょう

ここ数年で、スメルハラスメントという言葉をよく聞くようになりました。元々は口臭や体臭による不快感に対して使われていましたが、最近では香水の付けすぎに対しても使われるようになってきたのです。
特に注意すべきなのは、香水を使って体臭をごまかしている人や、汗をかきやすい人の付けすぎでしょう。体臭に香水の香りがプラスされ、更に汗をかくという事は体温が上昇している証拠ですから、これはいただけません。
何より体臭をごまかしたいあまり、必要以上に付けてしまうのが敗因でしょう。周りの人を不快にさせている時点で、ファッション的に失敗していると言えるのです。

211573336

 

 

香水を付けるならシチュエーションに気を付けましょう

付けている香水の量が適量だったとしても、付ける事自体を控えた方が良いケースがあります。病院やお葬式は常識として当たり前ですが、見落としがちなのが取引先へのプレゼンテーションの場や和食店での接待の場面でしょう。
会社から取引先まで移動する間に汗をかく事で、予想以上に香りが高まってしまう事が少なくありません。また、繊細な香りを嗜む和食店や料亭では、従業員に香水を禁止しているお店もあるくらいです。
ファッションとして香水を楽しむのは本人の自由ですが、それが原因で周囲を不快にさせたり、自分の評価を下げる結果になるのなら意味がないのです。

289518974

 

 

相手に好感を与えてこそ、初めてファッションとして成り立つものです。その為に使う香水は、重要なアイテムの1つと言えますが、その使い方にはその場に合ったマナーが必要と言えるでしょう。
マナーを守って上手な香水の付け方をマスターしましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ