金曜日は、ボタンダウン・シャツの着こなしで差をつける

  • 2016/03/09
  • ファッション
  • 244view
  • YAZIUP運営
タグ

団塊の世代は、とかくアイビーがお好き

団塊の世代にくくられる人たちは、1960年代に一大ブームを巻き起こしたアイビー(トラッド)ファッションの洗礼を受けています。だから、中高年になっても、3つボタンのブレザーにレジメンタル・ストライプのタイ。ボトムスはグレーのフランネルのスラックスという、典型的なトラッド・スタイルのご老人が時に街で見かけられたりします。
そのシンボルとなっているのが、おなじみのボタンダウン・シャツです。

 

18549697

 

ポロから生まれ、アイビー・リーグでそだったボタンダウン

ボタンダウン・シャツは、アメリカのブルックス・ブラザーズ社の創立者の1人、ジョン・ブルックスがイギリスでポロの試合を見、プレイヤーたちがシャツの襟先をボタンで止めてネクタイが曲がらないようにしているのを見て思いついた、といわれます。20世紀初頭のことだそうです。
発売後、これを広めたのが、アメリカ東部アイビー・リーグに属する大学の学生たち。ボタンダウンがアイビー・ファッションを代表するアイテムなのも、このことに由来します。
そうして、ボタンダウンは、アイビー・リーグを卒業した知的エリートたちのユニフォームとなりました。彼らは、相当な年齢になっても、こぞってボタンダウンを着続けました。プリンストン大出のベイカー元国務長官、イェール大出(中退ですが)のチェイニー元国防長官などがそうです。彼らは、公の会見の場などにも多くボタンダウン姿で現れました。

118988506
Jannis Tobias Werner / Shutterstock.com

 

あのケネディは、人前ではボタンダウンを着なかった

しかし、例外があります。プリンストン大〜ハーバード大を出、1963年に銃弾で倒れたアメリカ合衆国35代大統領ジョン・F・ケネディです。ケネディは、公の場では一切ボタンダウンを着なかったと言われます。
ところが、そのケネディも、実はプライベートな場ではよくボタンダウンを着ました。これは、実際に写真として残されています。
一説によれば、それはボタンダウンはそもそもポロ・ゲームから生まれたもの。本来カジュアルなものであって、プライベートな場でこそ着るべき。ケネディがそう考えていたからではないかと言われます。

21790060
thatsmymop / Shutterstock.com
 

ボタンダウンは、フライデー・カジュアルのアイテムに

20年ほど昔、フライデー・カジュアルなるものがちょっとしたブームになりました。フライデー・カジュアルとは、週休2日制が定着して週の最後の勤務日となった金曜は、ネクタイは捨て、カジュアルな服装で会社へ行こうという考え方をいいます。
残念ながら、フライデー・カジュアル・ブームは短期間でしぼんでしまいました。それは、多くのサラリーマンがカジュアル・ファッションのセンスを持たなかったためだと言われます。でも、センスに自信のあるあなたなら、自分1人でフライデー・カジュアル実行することだってできますよね。
金曜日、糊なしのボタンダウン・シャツをさりげなく着こなし、新しいフライデー・カジュアルの実践といきませんか。

323176448

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ