自分の下着に無頓着な男性とそうではない男性

  • 2016/02/28
  • ファッション
  • 498view
  • YAZIUP運営
タグ

今日は何色の下着ですか?

ある雑誌が20代~30代の男性に対して「自分のパンツの色、答えられますか?」という質問をしたそうです。

結果はどうだと思いますか?

結果は以下の通り。多くの男性が答えられなかったのです。

334395569

 

 

・自信をもって色や柄、メーカーなど正確に答えられた人:14人

 

・「たぶん青だと思う」など確信を持てないながらも当てた人:19人

 

・間違えた、分からなかった人:67人

 

7割が下着に無頓着なんですね。

 

 

 

133746815

下着にこだわっている男性は2タイプ

下着を当てた人と履いている下着の相関関係を見てみると意外なことが分かります。

 

・当てた人

ビキニ、ブリーフ、高級下着(勝負下着)

 

 

・当てられなかった人

ボクサーパンツ、ブリーフ

 

 

 

つまり、ビキニやブリーフを履いている人は、ある意味「下着フェチ」であり、意識してそれらを履いていることになります。

ご存知のように、ビキニやブリーフは女性受けが極めて悪いです。そうした環境の中であえてビキニ、ブリーフを履いている人は下着にすごくこだわりがある人ということになります。「ビキニ・ブリーフ好き」が自分の意思で選んで履いているということになります。

もう1つは勝負下着を履いている「リア充」です。彼らは女性受けする下着を心得ています。もちろん、誰かに見せる場面はそうそう現れないわけですが、そのくらいの気概を持っていつも生活をしているということです。

 

 

見えないところのおしゃれは男性を変える

男性であっても下着について無頓着であると、ファッション、カジュアル全般に対して疎い感じになってしまいます。

やはりモテる男性=勝負下着を意識して履いている男性は色々な場面で強いと思います。最近では男性向けのガードルやお腹引き締め効果のある下着、甲冑パンツなんてものもあります。

意識せずに上にある下着から履いている、スーパーで3枚1000円のものしか履かないということではなく、意識して下着を変えてみるのも1つの日常生活への刺激になると思います。

56290048

 

 

参考:【日刊SPA!】「自分のパンツの色、答えられますか?」メンズ100人に抜き打ち調査

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ