YAZIUP CLUB会員募集中

お洒落オヤジは安易な「秋服を買うならこれがオススメ」情報に惑わないで!

  • 2017/10/06
  • ファッション
  • 96view
  • ファッションマジシャン◆ yutaka
タグ

秋本番ですね。

秋物や冬物は揃えましたか?

「まだ寒くなってないし、まだそんな気分じゃない」なんて思っていませんよね?秋冬物は、いまの時期に揃えておかないと、気に入ったものを逃す可能性が高まりますよ。私はもうすでに秋物、冬物の買い物は済ませていますからね。12月に入るともうセール、つまり売れ殘りを売りさばく時期ですから、今が買い時なのです。

ということで、今回は秋服を買うオススメとして、ブランドやショップ、そして流行アイテムのオススメをいたしましょう。

 

こういう、ブランドやショップ、流行アイテムのオススメ情報は、ネットに沢山出回って簡単に見つけられますがこれ、そのまま鵜呑みにしていませんか?YAZIUPを読んでいて、お洒落になりたかったり、お洒落を自認するオヤジ諸氏には、こんな情報に流されない様にして欲しいのです。

 

ということで、今回の本当の內容は「オススメブランド、オススメショップや流行アイテム情報の限界と実際の見極め方」をお屆けしましょう。

 

実は、よく聞かれます

実はこのオススメショップやブランド、そして流行アイテムって、よく質問されます。

実はこのオススメショップやブランド、そして流行アイテムって、よく質問されます。

そして、中にはどこかの雑誌やテレビで観たとか、そういう情報源から「いまはこれが良いんでしょ!」みたいに教えていただく事もあります。確かにそんな情報は出ていたりしても、それをそのまま鵜呑みにして良いかは別ものです。

実際には、ここまでの情報なら、パパッと検索すれば難なく見つけられますしね。こういった情報を大して考えもせず受け入れていたら、大人の装いにはナカナカ到達できないと言わざるを得ないでしょう。

 

理屈はシンプル

理屈はシンプル

どういう事なのか?理由はとてもシンプルです。大事なのは、どこの誰に向けた情報なのか?という視点なのです。ファッションがコミュニケーションツールの一つである以上、自分が相手に対してどう見せたいか?という視点が大事です。

それを実現させるための服を売るブランドやショップ、そしてそのアイテムが持っている「こんな風に着こなしたい人のための服です」という打ち出しの部分をはっきり意識しましょう。でないと単に流行など、いまブランドやお店が売りたいものを買って着ているだけの人になってしまう危険がある訳です。

 

自分がブランド!

自分がブランド!

自分がどうしたいのか?が大事なのです。大人の男性が身に付けるファッションは「自分がブランド」になっているのが理想。という考え方をオススメします。自分らしさや自分の在り方、生き方が滲み出ている裝いって、まだそんなものが確立していない若僧との決定的な差となります。

若僧はそういった「自分」が確立されていないからこそ「若さ」という強力な武器を持った勢いで、流行のブランドやショップの服を着るのです。

一方、その若い頃の勢いを持ったつもりのままでオヤジが流行の服や、どこかの誰かが誰か向けに提案している服を着てしまっては「世の中に振り回されている、歳だけとった中身の無いオッサンなんだな」なんて見られても仕方ないのです。

自分の中にある価値観、志向などから服を選ぶのが、大人だからこそのファッションの選び方でしょう。ぜひ、そんな装いを楽しんで欲しいと思うのです。

 

そうは言ってもやっぱり、どこで買えば良いか分からない

大人のためのファッションとしてのブランドやショップ、そして流行アイテムの話ができます。

さて、ここまでの前提があればこそ、大人のためのファッションとしてのブランドやショップ、そして流行アイテムの話ができます。

実際のところ、ここまでの話が分かっても、ファッションについてはまだ初心者だったり、苦手意識があってどこで買えば良いか分からない、という場合などは確かに、目安となるお店情報が欲しいところでしょう。今回は、今期の流行も紹介しながら、オススメのアイテムをいくつか紹介してみたいと思います。ご自身の「自分らしさ」に合うものがあれば、取り入れて見て欲しいと思います。

 

アウトドアウエア(登山)

アウトドアウエア(登山)

今期の流行のテーマの一つで、オススメしたい一つがアウトドアウエアです。普段着の流行としては「引き続き」のものですが、今年は特にマウンテンパーカーなど、登山をテーマにしたものの提案が多くされています。それも、アイテムとしては結構本格派が多い様です。私がお勧めするブランドとしては、アウトドアメーカーのノースフェイスやカナダグース、アークテリクスなんていうところは定番ものとして良いでしょう。ちょっと変わったところでは、クレッタルムーセンなんていうブランドも、私は好きです。

着こなしとしては、基本的に「ミックス」と呼ばれる装いを前提にしています。つまり、全身が「登山!!」では、流行になっておらず本当に単なる登山スタイルになってしまうという事です。大枠で見れば、シンプルで綺麗目な格好をして、そのアクセントとして、登山ウエアを1つ取り入れる。というイメージです。着こなしの感じがつかめないという事であれば、ここは得意なお店に行くのが良いですね。つめり、セレクトショップです。ビームスやユナイテッドアローズ、シップスなどであれば、こういった流行アイテムの取り入れ方も分かりやすく伝えてくれるので、良いですよ。

 

改めて、デミムパンツ

640913659

また、今期は改めてデニムパンツ、つまりジーンズの提案がされています。ここのところ、いわゆるスラックスとかトラウザーズといった、カッチリとしたイメージのズボンが多く提案される傾向にありました。スーツの流行の流れの一環だったのですが、その中で今期、ジーンズを改めて取り上げるところが多いと言えます。ここでも、全体的なイメージは綺麗目を保つのが主流なので、ジーンズも色落ちやダメージが激しいものではなく、ワンウォッシュ程度の濃い色がお勧めです。しかも、形はテーパードの効いたもの。腰周りがゆったりしていて、裾に向かって細くなっている形のものです。これってつまり、スラックスやトラウザーズの形ですね。素材だけデニムになった様なイメージが良いかと思います。

ジャケットに合わせやすい様なイメージですね。こういうのが得意なブランドといえば、ヤコブコーエン。定番ブランドで言えばリーバイスの501Tなどはテーパードラインで良いですね。その他、リディアルやディーゼルなんていうブランドも良いでしょう。

 

ハイネックニット

ハイネックニット

最後はこのアイテム。タートルネックや、モックネックなどといった、首までを覆うセーターの事です。これ、流行というか定番アイテムに近いのですが、それでも今期はどこでも良く見かけます。ほぼ定番アイテムなので、その分取り入れやすいと言えます。

冬は、上着の下に着るインナーとなる服なので、ここは特にクオリティの高いものを選びたいところです。インナーに良いものを選ぶだけで、上着も良く見えますし、何より着ている人のクオリティも高く見せる効果があります。ファッションにおいて、インナーは頑張りどころなのです。

ということで、クオリティを意識したブランドとしては、クルチアーニやジョンスメドレー、ザノーネ、ドルモアあたりが私のオススメ。1着持っているだけでも、ここぞという時に使えます。

テーラードジャケットの下に着ても良いですし、レザージャケットの下に着ても良いですね。上質なニットは、女性もつい触りたくなってしまうほど見た目からして違いますから。

 

念押し:軸はあくまでも「自分」に

大切な事なので、最後にもう一度お伝えします。服選びで重要なのは「自分がどうありたいか?」を表現できる服かどうかを意識する事です。安易に流行やそのお店、ブランドのオススメに飛びつくのはナンセンス。前述の流行アイテムたちでさえ、自分に合わなそうなら買う必要なありません。

新しい提案は定期的に出て来ますから、自分に合うものが出て来たときに手に入れれば良いのです。

それが、大人の余裕ある選び方ですよね。ぜひ、そんな大人のファッションを楽しんで欲しいと思います。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

ファッションマジシャン◆ yutaka
ファッションマジシャン◆ yutaka
ファッションの専門学校〜アパレル業界での経験を活かし オシャレに自信がない男性から 豊かな人生を自在に楽しむスマートミドルへ大変身するための マジックの様なファッション=ファッションマジックをお届けします。
up ファッションマジシャン◆ yutaka
ファッションマジシャン◆ yutaka

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ