YAZIUP CLUB会員募集中

半袖では肌寒い?秋の羽織りコーデのポイント

  • 2017/09/21
  • ファッション
  • 97view
  • YAZIUP運営
タグ

秋の「昼間暑くて夕方寒い」はライトアウター1枚で解決

秋の「昼間暑くて夕方寒い」はライトアウター
夏も終わり、涼しい風が吹くようになり、夕方になると肌寒くなってきました。とは言っても、日中はまだまだ夏と同じくらいの気温で、半袖で過ごす人も多いのではないでしょうか。こうした9月のファッションに悩む男性は意外に多く、朝出かけるときには「厚いな~、今日も半袖のTシャツ1枚でいいか」と軽く考えたものの、暗くなり家にかえる時間帯になると「うぉっ寒い!」とクシャミするような肌寒さに襲われるのも珍しくありません。ここでは、そんな秋のコーデをいくつか紹介します。基本は「半袖×ライトアウター」の組合せなのでファッションに疎い男性でも簡単に取り入られます。

 

万能なカーディガン

万能なカーディガン
カーディガンはいくつか持っておいて損はありません。通常、初秋の肌寒くなる季節に向けて買ったアイテムは、真冬に突入すると、アウターとしては全く機能しませんが、カーディガンは、夏の終わりから秋にかけての時期には「羽織り」として、冬にはインナーとして活用できます。また、ニット素材のカーディガンは生地の厚さにも種類が多数あり、軽めのものをチョイスすると冬時期にもインナーとして活用できておすすめです。

 

シャツを羽織にする場合は丈の長さに注意

シャツを羽織にする場合は丈の長さに注意
秋の羽織と言えば、「ネルシャツ」や「ワークシャツ」長袖のシャツも活躍しますが、注意したいのが「丈の長さ」です。特にベルトインすることを前提に作られたシャツは総じて丈が長く、そのまま着用すると野暮ったい印象を与えてしまい、正直ダサいと言わざるを得ません。新たに買う場合は実際に着用してみて丈を確認し、既に持っているアイテムを活用する場合は、洋服のリフォームサービスに出すなどして着丈を「股よりもやや上」に調整すると「アウター感」が出ます。

 

薄手のパーカーは持っていて損はない

薄手のパーカーは持っていて損はない
普段のボトムスがワークパンツやジーンズなどカジュアルなものであれば、ライトアウターとして「薄手のパーカー」も活躍します。ユニクロやH&M、GAPなど、ファストファッションブランドのもので構いませんが、大人の男性が着るからには、無地のものに限ります。また、鞄などに収納しておけるナイロンの「ポケッタブルパーカー」もおすすめです。

 

インナーは夏に活用したアイテムをベースに

インナーは夏に活用したアイテムをベースに
初秋の肌寒い時期に、秋物アイテムとして「カットソーやTシャツ」などのインナーを沢山購入する人がいますが、おすすめできません。秋物の服は、すぐに冬に突入してしまうため、着られる賞味期限が短いからです。賢い男性は、夏に着用したインナーをそのまま活用します。ただし、肌着の白Tシャツはあまりに野暮った過ぎるのでNGです。

 

秋のライトアウター(羽織り)にはお金をかけ過ぎない

秋のファッションは、あくまで「微調整」
秋物ファッション全般に言えることですが、「着られる期間が短い」ため、よほどのファッション好きでもない限り、秋物アイテムに対して積極的にお金を使うことはお勧めできません。パーカーならパーカー、カーディガンならカーディガンといった具合に、一つのアイテムで乗り切るくらいの感覚で丁度よいかもしれません。秋のファッションは、あくまで「微調整」と考えましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ