YAZIUP CLUB会員募集中

オヤジに似合うジュエリーの選び方

  • 2017/08/09
  • ファッション
  • 58view
  • YAZIUP運営
タグ
  • カジュアル
  • アイテム
  • おしゃれ
  • カジュアル
  • ビジネス
  • ブランド
  • 身だしなみ

ジュエリーは女性だけのものではない

ジュエリーは女性だけのものではありません

ジュエリーと聞くと、女性が身につけるものというイメージが先行するかもしれません。デパートに足を運ぶと、キラキラしたショーケースに様々な宝石が並ぶフロアで、男性が女性へのプレゼントを選んでいるといったシーンがよく見られます。しかし、本来「ジュエリー」というものは老若男女あらゆる人が身に付けるものとされており、決して女性だけのアイテムではないのです。特に40代を迎え、経験豊かで良いものの価値を熟知した大人の男性がさりげなく身につけたジュエリーには、内面から輝く価値があります。

 

そもそもジュエリーとは?

ジュエリーはアクセサリーと何が違うのか

また、ジュエリーと聞くと「アクセサリーとどう違うのか」という疑問の声が上がりますが、実際には、ジュエリーとアクセサリーの区別は曖昧です。しかし、身につける人自身にとって定義するならば、アクセサリーは、人に見せることで自分を外に向かって主張するもので、これに対してジュエリーは、身につけることで自分の内面を満足させるものであると定義できるかと思います。

自分が本当に気に入ったものや、他のものとは違う特別な価値のあるものはジュエリーと言えるでしょう。鉱石や金属は、そうした思いを小さく凝縮して表してくれるので、ジュエリーと言われるものが高価なものが多くなるのもこうした背景が影響しているのかもしれません。

 

オヤジにはどんなタイプのジュエリーが似合うか

オヤジにはどんなタイプのジュエリーが似合うか

アクセサリーと異なり、ジュエリーは人に見せびらかすものではありません。つまり、どんなジュエリーであっても、自分自身が納得して身に着ければよいのですが、あえてオススメを挙げるなら、「カフリンクス」や「ネクタイピン」などの仕事用アイテムでしょう。「仕事が生活の中心」というライフスタイルが多いオヤジ世代の男性にとって、仕事相手とのコミュニケーションはとても大事なものです。

人と接している間、目につくことの多い手元や胸元に、控えめに主張するカフリンクスやタイピンが見えるのは、接している相手としては敬意や心遣いとして受け取るものです。最近ではハードタイプではなく、希少な織物を丸くまとめたソフトなタイプも人気があります。若い男性よりもいっそう文化に明るい40代の男性であれば、銘仙や裂織りなどをつかったカフリンクスやタイピンが似合わないはずがありません。また、ビジネス用アイテムの他、カジュアルなシーンでのブレスレットなどもオススメで、最近では各ブランドから様々なタイプのブレスレットが出ています。

こういったジュエリーは、お金さえあれば簡単に手に入るブランド品ではなく、旅などで見つけたら古都を探し求めて出会ったりして少しずつ大切に集めていくのが良いでしょう。親から引き継いだものや、大切な人のジュエリーを男性用に加工したりするのも価値が高いといえます。

身につけることで自分が満足し、自分の気持ちが高揚したり安堵したりできる、そんなジュエリーを、ぜひ見つけてください。

この記事につけられたタグ

  • カジュアル
  • アイテム
  • おしゃれ
  • カジュアル
  • ビジネス
  • ブランド
  • 身だしなみ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ