ポロシャツはマッチョに着こなせ

  • 2016/07/06
  • ファッション
  • 524view
  • YAZIUP運営
タグ
  • カジュアル
  • おしゃれ
  • かっこいい
  • シャツ
  • ファッション
  • 筋肉

クールビズのシンボルはポロシャツ?

岐阜県のさる市では、クールビズ開始の印として市を代表する文化人のブロンズ像にポロシャツを着せたとか。クールビズのシンボルは、Tシャツとは違って襟があり、前ボタンも付いてきちんとしたイメージのあるポロシャツがぴたりということでしょうか。
そういえば、動きが楽なはずなのに、ゴルフではTシャツを見かけることはありません。これも、襟の有無が左右していそうな気がします。

200859725

 

 

英国のお坊ちゃまたちが好んで着たスポーツウェア

ポロシャツは、いうまでもなく馬に乗ってスティックでボールをゴールに向かって運ぶ競技、ポロが発祥。それ以前、野球の前身といわれるクリケットで着られていたという説もありますが、どちらにしても英国のお坊ちゃまたちの遊びが起源なのは間違いありません。
ただし、いまもそうですが、実際にポロで着られていたのはいまポロシャツとして売られているものとは違い袖が半袖よりもやや長め。襟も長めで、それが風にひらひらはためいて邪魔っ気なのを見たブルックス兄弟が発明したのが、ボタンダウン・シャツなのでした。

396429199
Perry Correll / Shutterstock.com

 

 

現代では、マッチョなテニス・プレーヤーのユニフォーム

とまあウンチクはどうでもいいんですが、そんなポロシャツ、現代ではタウンウェアとしてよりもゴルフやテニスの競技ウェアというイメージが強いですね。特に、テニス。錦織圭やノバク・ジョコビッチは「ユニクロ」のロゴ入りのポロシャツを着てコートを駆け回り、宣伝にこれつとめています。
そうして、彼らのマッチョなイメージは、ポロシャツそのもののイメージになろうとしています。

207382870

 

 

アメリカでは、ポロシャツ=マッチョ

もっとも、アメリカでは、ポロシャツは、もともと「マッチョに着こなす」ウェアでした。筋骨隆々、胸板はあくまでも厚い男が、いまにも破けそうなほどにぴったりと身につける。それを見た女子は、「あたし、全身がしびれちゃいそう」と熱くなる。それが、ポロシャツなんです。
ですから、かの地では、ポロシャツはだぶだぶに着てはいけない、体にぴったり張り付いて、内側からふくれあがろうとする筋肉を包みきれずに伸びきっている感じにするのが王道とされています。
つまりは、ポロシャツ=マッチョ。

204693292

 

 

1つ小さいサイズを着れば、あなたもマッチョに

いやあ、おれは筋肉なんかゼロ次元、胸板はぺちゃんこ、これじゃあポロシャツは似合わないってことか。そんな声が聞こえてきそうですが、大丈夫。秘策があります。
簡単です。1つ小さいサイズを選んで着る。これです。いつもはMサイズの人なら、Sサイズを買い、これに無理やり体を押し込む。これで筋肉ムキムキのマッチョに見えるようになります。
おや、冗談はいいかげんにしろ、ですって? 冗談ではありませんよ。実際にこの流儀を通し、中年になってもモテモテだった紳士がいるのです。
見習いましょうぜ。

この記事につけられたタグ

  • カジュアル
  • おしゃれ
  • かっこいい
  • シャツ
  • ファッション
  • 筋肉

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ファッションの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ