YAZIUP CLUB会員募集中

靴は「週休3日制」。これを守って、靴も男ぶりも磨け

  • 2016/12/04
  • ファッション
  • 139view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 鞄/靴
  • ビジネス
  • ビジネスマナー
  • ビジネスマン
  • ファッション
  • 仕事
  • 会社
  • 身だしなみ

くたびれた靴で靴屋へ行くと恥をかく

靴を買いに行って、思わず赤面することがありますよね。それは、店内に並ぶ新品の靴に比べ、自分がそのとき履いている靴があまりにもくたびれているから。しまった、せめて日頃の手入れぐらいもう少しちゃんとやるんだった。そう思っても後の祭り。結局は、逃げ出したい気分を抑えながら新しい靴を物色するしかありません。
足元の靴がボロだと、店員の目も何やら冷ややかに見えるのは、気のせいでしょうか。

230704888

 

都会は靴のデンジャラスゾーン

靴にとって、都会は危険がいっぱい。階段でつまずいたり、満員電車でOLのヒールに踏まれたり、雑踏で後ろから踵を小突かれたり、つらいことばかりです。こんな環境の中で日々酷使されたら、傷だらけになるのも当たり前です。
それだけではありません。人の足から出る汗は、1日あたりコップ約半分。汗は湿気となって、靴に大きなダメージを与えます。水虫の原因になる菌を呼び込むのも、この湿気です。

86973980

 

2足を交互に履くと、寿命は6倍

傷つき、ダメージを受け続ける靴。靴は何も言いませんが、実際には耳には聞こえない悲鳴を挙げているのかもしれません。であれば、少し休ませてあげる工夫をするのが人情というもの。そのためには、ビジネスシューズであれば、最低でも2足は所有。交互に履き替えることで、休日を作ってあげましょう。2日履いたら、次の3日間は休み。これを繰り返していくのです。

実際、1足だけを毎日履き続けた場合、靴の寿命は3ヵ月。2足を交互に使えば、その寿命は18ヵ月まで伸びるというデータがあります。3ヵ月で履きつぶしてしまうはずのものが6倍もつのですから、経済的にもぐっとお得です。

 

靴を磨いて、男ぶりも磨け

ただし、ただ交互に履くだけでは、計算どおりにはいきません。靴の寿命を長持ちさせるポイントは、何と言っても日々の扱いです。

仕事から帰ったら、まずは汚れ落とし。そのあとは密閉空間である下駄箱に入れたりはせず、風通しのよいところで休ませましょう。

また、月に一度は徹底メンテナンス。専用のクリームで手入れしますが、くたびれた靴にいきなりクリームを塗るなんてまねはダメ。ブラシや乾いた布で汚れをしっかり落としてから、クリームでメンテします。この場合も、厚塗りは不可。ひび割れの原因となってしまい、全くの逆効果です。
靴をしっかり磨けば、自分の男ぶりも自然に磨かれてくるかも。

496515235

この記事につけられたタグ

  • 鞄/靴
  • ビジネス
  • ビジネスマナー
  • ビジネスマン
  • ファッション
  • 仕事
  • 会社
  • 身だしなみ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ