YAZIUP CLUB会員募集中

今更聞けない!日本を取り巻く国際情勢の基本の「キ」

  • 2017/11/23
  • ビジネス
  • 41view
  • YAZIUP運営
タグ

日米関係を強固なものに

日米関係を強固なものに
今や日本と米国の同盟関係は、過去最高です。蜜月関係といっても過言ではありません。
日本にとって、米国は軍事的にも経済的にも、切っても切れない間柄です。それは、米国にとっても同様でしょう。過去に、戦争という愚かな行為で争った国同士が、今や同盟国として世界の平和と安定に貢献しており、日本人としては誇らしいことともいえるでしょう。

もちろん、依然としてわだかまりはあります。しかし、それを持ってしても、日米関係は崩れません。米国のトップには、トランプ大統領が就任し、その際多くのメディアで騒がれた様に、日米関係が崩れてしまう不安がありましたが、トランプ大統領は日本を最高のパートナーと賞賛しました。さらに、日本の安倍総理とも友好的です。

日米関係がより強固になることは、国際社会にとってプラスであり、更なる日米関係の強化を期待しています。

 

日本と北朝鮮情勢

日本と北朝鮮情勢
言うまでもなく、国際情勢を語るうえで優先順位として1番上に挙げるべきは、「平和」であり、何よりも大切なものです。そのためには、より多くの国々と友好関係を築かなくてはなりません。残念ながら、日本の置かれている国際情勢は緊迫しており、日本は、北朝鮮や中国、ロシアや韓国等と対峙しています。

特に脅威となっているのが、皆さんもご存知の北朝鮮問題です。核やミサイル開発を破棄しようとしません。北朝鮮は安保理決議案を無視して暴走しています。忠告や警告に耳を傾けようとしない隣国の脅威を軽んじてきたせいか、日本上空を北朝鮮のミサイルが通過する事態まで起きています。もはや北朝鮮の暴走は誰にも止められません。残念なことに、相手との間には、対話もする余地がありません。米国は軍事オプションも検討しています。

もちろん、戦争は誰も望んでいないことは明白ですが、ただ黙って北朝鮮の暴走を見ているわけにもいきません。日本は、北朝鮮に経済的な圧力をかけつつ、対話の道を探ってほしいものです。戦争を望む人間がどこにいるでしょうか。

 

韓国とも友好関係を

韓国とも友好関係を
また、日韓関係は冷えきっており、隣国であるにもかかわらず非常に残念でなりません。
日本と韓国の間には、歴史観をめぐる衝突など、深い因縁があり、なかなかぬぐえるものではないでしょう。従軍慰安婦や竹島の領土問題などについて真実を追求することは日本のメディアではタブーとされています。嫌煙の仲という認識があっても、隣国同士、未来に視線を向けた外交姿勢も大切なはずです。いつまでも永久に憎しみ合っていても、お互いに得るものはないことは両国のトップも理解しているはずです。

お互いの国民が、お互いの国を嫌っているという世論調査がありました。嫌いなのは仕方ありません。ただ、相手の国を受け入れることはできるはずです。それが第一歩です。
憎しみの行く先は、戦争しかありません。もう二度と、お互いの国民を傷つけてほしくはないものです。日韓関係がより安定したものであってほしいと思う人もまだまだ多いはずす。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ