アイデアが浮かばないときに試す3つの方法

  • 2016/04/16
  • ビジネス
  • 144view
  • YAZIUP運営
タグ

アイデアが出てこないときは環境を変える

148653437
アイデアや創造性が求められるのは、プランナーや企画部で働く人など、一部の職種に限ったことではありません。営業職でも「新規開拓のための営業プラン」や「チームの成績をUPさせるためのフォローアップ研修アイデア」であったり、人事で働く人でも「求職者へ訴えるキャッチコピー」など、どんな職種でも、仕事上、アイデアを求められる場面が必ずあります。

ゼロからアイデアを考え出す場合、慣れていない人は机の上で「ウ~ン」とうなりながら考え込むポーズを思い浮かべがちですが、ひらめきを得るためには、思い切って休憩室や喫茶店などへ駆け込むなどして環境を変えることをお勧めします。普段仕事をしている場所で考え事をしても、視界に日常業務が入ってくることから「いつもの思考」しか出来ない可能性が高く、場所を思い切って変えることによって、いつもと違う思考回路が働くという訳です。

 

BGMはジャズか効果音

124767064
Vira Mylyan-Monastyrska / Shutterstock.com

創造性が必要なときのBGMに最適なジャンルはジャズです。仕事中にBGMをかける人がいますが、アイデアを出さなければいけないときには、なるべく歌のない曲を選ぶとよいかもしれません。歌詞が耳に入りやすいJPOPなどは、人によっては「歌詞の内容に思考が乱される」場合があります。

歌詞のないインスト曲を中心にかけるとアイデアが浮かびやすくなるかと思います。できれば「フリージャズ」の様に、先の展開が読めない曲をかけておくと、創造性を刺激します。また、音楽の経験がある人は、ジャズを聞いていたとしても「この次はきっとピアノがこう来るな」などと、聞き入ってしまう可能性もあるため逆効果かもしれません。その場合は、効果音などをBGMとして活用するとよいでしょう。

 

マインドマップなどを活用する

158102567
アイデアは頭の中だけで考えるものと思われがちですが、手を動かしながら考えを視覚化していくことがアイデアをアウトプットしていくためには重要です。

なるべく大きめの用紙にペンでどんどん思いついたことを書き込んでいく事でひらめきが生まれるはずです。テーマを紙の中央に書いて放射線状に思いついた単語をどんどん四方八方へ広げていく「マインドマップ」を活用すると、リアルタイムで考えていることが視覚化されるのでお勧めです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ビジネスの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ