新年度は新入社員の飛び込みセールスが始まる季節

  • 2016/04/02
  • ビジネス
  • 179view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 仕事/出張
  • ビジネス
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 会社
  • 保険
  • 銀行

未だに飛び込みセールスをやっている業種は意外に多い

21世紀の世の中でも未だに飛び込みセールスをやっている業種があります。

証券・保険・銀行・信用金庫などの金融と自動車セールス・住宅販売などの個人向けセールスです。

只、時代の移り変わりとともに飛び込みセールスの方法も変化しています。

多くの企業は社員証が無いと社員以外は自由に出入りできなくなっていますし、マンションはオートロックでシャットアウトされているからです。

しかしながら、飛び込みセールスが無くなったという話は聞きません。

116109379

 

 

企業が飛び込みセールスを止めない理由

確かに飛び込みセールスは決して効率の良い営業方法ではありません。

また、飛び込みセールスが好きな営業マンなど、どこにもいない筈です。

それでは、どうして企業は飛び込みセールスを止めないのでしょうか?

1つ目の理由は営業マンを一人前に育てるには手っ取り早い方法だからです。

つまり、飛び込みセールスは新入社員研修で詰め込んだ知識を実践する場でもあるからです。

また、2つ目は一人ひとりの営業マンの営業適正を見極めることもできます。

1ヶ月も飛び込みセールスを続けると訪問恐怖症になる営業マンや、3ヶ月で嫌気が指して退職する営業マンも出てきます。

つまり、営業適正の無い人が飛び込みセールスで炙り出されます。

3つ目の理由は飛び込みセールスでも成果が出ることがあり1%の法則と言われています。

361354196

 

 

1%の法則とは何か?

100件の飛び込みセールスで成果が上がるのは平均1件と言われ、確率にすると1%という訳です。

但し、500件の飛び込みセールスでも成果がゼロの場合もあれば、10件で1件の成約に結び付く場合もあります。

つまり、平均すれば飛び込みセールスの成約率は1%と言えます。

 

 

それでは飛び込みセールスで生き残るには?

例えば、証券営業では3年間は飛び込みセールス中心の営業活動を行い、その後は紹介営業や引き継ぎ営業が多くなります。

3年間の飛び込みセールスで多くの顧客を得た営業マンは、その後は既存顧客の深耕や紹介営業に比重が移ります。

つまり、飛び込みセールスよりも効率の良い営業スタイルを身に付けていけるのです。

従って、飛び込みセールスが苦手な営業マンも何とか成果を上げて次のステップに進まなければなりません。

飛び込みセールスで生き残る秘策はありませんが、集中して飛び込んだ後は思い切りサボって気分転換することです。

そうすれば、次の日も飛び込みセールスする意欲が湧いてきます。

376341952

この記事につけられたタグ

  • 仕事/出張
  • ビジネス
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 会社
  • 保険
  • 銀行

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ