いざというときに役に立ってこそ上司の価値がある

  • 2016/02/09
  • ビジネス
  • 246view
  • YAZIUP運営
タグ

何をすべきか

サラリーマンを長くやっていると、部下を持つポジションに就くことがあります。

早い人なら数年で上司と呼ばれていることでしょう。できることなら部下を上手にまとめてセクションとしての結果を残したいものです。

しかし、上司と部下はなかなか思うように分り合えないもの。上司は何をすれば良いのでしょうか。

295543424

 

 

経営側の上司か従業員としての上司か

会社という組織は、全員が経営者の意識を持ってことに当たれば成果が上がる。というものでもありません。経営者とは意思決定をする人です。

皆がみな、自分で意思決定しないまでも、するくらいの意識を持っていたら、会社の方針が自分の考えに合わないときに不満を生じかねません。

「うちは、風通しが良い会社だから、みんないいたいことがいえる」

これが悪いほうに出ると、船頭多くして船、山に登る前に大破です。

良い意味で経営者は経営者、従業員は従業員なのです。

これを上司と部下で考えた場合、上司は部下を「しょせんは従業員意識しかない奴だ。こっちは経営まで考えてるのに。」と感じ、部下は上司に「なんで同じ従業員なのにこっちの気持ちを考えないの?」と不満を持つ。こんなことになってはいないでしょうか?

どちらも、経営とか従業員とかを過剰に意識し過ぎなのです。

321333917

 

 

困ったときに役に立つのが上司の役目

すべての企業や職種にあてはまるわけではありませんが、上司の役目は部下の教育管理、統率、それによる業績のアップです。また、上層部との緩衝材の役割もありますね。
これらの役割をひとことで表現すると、困ったときに役立ってこその上司なのです。そこで役に立たない上司に部下の管理も業績アップもできる道理がありません。

勘違いする上司は、困っていないときに活躍したがり、部下の手柄まで欲しがります。それだけならまだしも、トラブルが発生すると原因究明というより犯人探しに執着し、問題の解決を遅らせるのです。

247916119

 

 

部下よりも経験豊富で人脈やノウハウを持っているはずの上司は、普段は全体を見渡して、いざというときに何食わぬ顔でフォローする実力を持っているはずですし、もっていなければいけません。これは、必ずしも自分でやるということではなく、解決のヒントを与えるとか、解決の道筋をつけるということです。関係者、関係各所のコーディネートでもあります。

最近は、部下と仲良くしようとする上司が増えているようです。それは悪いことではありませんが、まずはいつでも実力が出せるように準備しておきたいですね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ