YAZIUP CLUB会員募集中

お中元を送る際に注意したい事

  • 2017/07/24
  • ビジネス
  • 46view
  • YAZIUP運営
タグ
  • キャリア
  • イベント
  • 上司
  • 人間関係
  • 仕事
  • 会社
  • 豆知識

お中元を贈るか贈らないか

お中元を贈るか贈らないか
お中元を選び贈るという行動は大人世界ならではの一大イベントのようなものです。ただし、意気込むあまりに大ハズレを引くケースもあるので、イベントの実施の有無も含めて、よく検討する必要があります。

まず、お中元を贈る相手が仕事上で繋がりのある人の場合、会社のルールを確認する必要があります。個人としてではなく会社として贈る必要のある場合や贈ってはならない場合もあるので、注意しましょう。また、会社の上司に贈る場合にも会社のルールの確認とこれまでの慣習をリサーチしましょう。会社のルールとしては禁じられていても、実際は守られていないこともあります。転職や異動で職場が変わった人は、この下調べが必須です。ほかにも、高齢である社長1人に従業員が数名の会社や『先生』と呼ばれる立場の人が上司の場合などでは贈った方が無難かと思われます。

お中元は一度贈ると3年は贈り続ける必要があるともいわれているので、既に退職や異動が決まっている人が最後のお礼の意味を込めてお中元を贈るのは相応しくありません。今まで贈ったことがなければ、今年も贈らないようにしましょう。

 

お中元を贈る時期と贈り方

お中元を贈る時期と贈り方
お中元を贈る時期は関東と関西で異なり、関東は7月初旬~7月15日、関西は7月下旬~8月15日までです。関東にお住まいの方に対して準備を忘れてしまった際には8月7日までに「暑中御見舞」として贈る方法もありますが、いただいたお中元のお礼をして、お中元や残暑御見舞いを用意する必要はありません。いただいたものに関してはお礼状で対応しましょう。

また、贈り方は相手の自宅(会社)に伺ってお渡しするのが基本ですが、上司に贈るような場合には宅配を利用することが多いかと思います。ただし、職場によっては社内で渡すのが慣習となっていることもあるので、周囲に確認し、贈り方を他の合わせた方が良いでしょう。

 

お中元の相場と内容

お中元の相場と内容
ヤジアップ世代の男性であればお中元にかける金額はひとつにつき5,000~10,000円を目安にすることをお勧めします。ただし、お中元はお歳暮より金額を低くしておいた方が後々ラクなので、10,000円にしておけば良いということではありません。お歳暮も合わせてどれくらいの金額にするかと考えることをお勧めします。

また内容ですが、昨年も贈っているのであれば昨年と同様で構いません。昨年よりランクを下げてしまうと印象を悪くする可能性もありますが、上げる必要もありません。毎年同じものを贈り続けることで自分を印象づけるという考え方もあります。

さらに、贈るものに悩んだ結果、ギフトカタログを贈る方もいますが、直属の上司においては、日頃注意をして話を聞いていれば好みも分かるかと思います。とくに独身の上司においてはギフトカタログを貰ってもそこから選ばなくてはいけない煩わしさを感じる人もいるので好みのものを選んで贈るようにしましょう。

 

この記事につけられたタグ

  • キャリア
  • イベント
  • 上司
  • 人間関係
  • 仕事
  • 会社
  • 豆知識

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ