YAZIUP CLUB会員募集中

リーダー必見!組織やチームのモチベーションを上げるコツ

  • 2017/05/15
  • ビジネス
  • 73view
  • YAZIUP運営
タグ
  • キャリア
  • ビジネスマン
  • モチベーション
  • 人間関係
  • 会社
  • 職場

リーダーに求められるチームや組織を牽引するチカラ

リーダーに求められるチームや組織を牽引するチカラとは?
ビジネスシーンや組織において、中堅層やマネジメント層と呼ばれる私たちオヤジ世代に求められるスキルの一つとして「統率力」や「リーダーシップ」があります。つまり、チームや組織をあるべき方向へと導く能力です。管理職となり間もない頃は、単に会社上層部からの通達をそのまま「会社の方針だから」と部下たちへ伝えるだけで統率出来ると考える人も多いようですが、現実はそんなに甘くありません。

少人数のチームであれば、リーダーが熱意をもってメンバーに対してビジョンを伝えることで、その熱量を共有できるものです。例えば「数人で立ち上げたベンチャー企業」の初期段階がそうである様に、「絶対にこのゴールへ到達する」という、創業者の強力なリーダーシップによってチームは加速度的に成長します。やがてメンバーが増え、規模が大きくなるにつれて、全員が同じレベルのモチベーションを共有することが難しくなります。一人に語りかけることは簡単でも、仮に100人のメンバーに対してビジョンを正確に伝えることは非常に困難です。では、組織全体にトップの意思を浸透させる方法はあるのでしょうか。

 

伝えるのが苦手なら得意な人に

伝えるのが苦手なら得意な人に任せてみましょう。
そもそも、リーダー自身がカリスマ性をもって雄弁に語りかけるタイプではないケースも珍しくありません。誰に対しても「意思をなるべく正確に伝える能力」というのは、一つの才能で、誰もが兼ね備えている訳ではありません。この場合、組織の大きさに比例して全体への意思疎通が難しくなります。そんなときは、「多人数へ意思を伝えることが得意なメンバーに任せる」のが得策です。優れた組織は「優れた側近」の集まりとも言えますが、何もかもをトップが担う必要はなく、信頼できる仲間にその役割を託すのも一つの選択肢です。

 

意識レベルが近いメンバーから伝わるのが理想

意識レベルが近いメンバーから伝わるのが理想です。
また、トップの意思を全員が共有するにあたって、正確に伝えるためになるべくリーダー本人が全員を集めて周知した方が良いと考えられがちですが、これには大きな落とし穴があります。社長の使う言葉と新人の使う言葉では次元が違い、ピンときません。「入社式で社長のスピーチを理解している新人は殆どいない」ことからも分かる通り、本人の認識レベルに合わせた表現で話さなければ相手に伝わりません。小学校の朝礼で校長先生がいくら重要な話をしていても子供が退屈しているのと同じです。

トップの意思をどれだけ正確に共有できているかを量るにあたって、その認識レベルをざっくりと高い順にレベル5~1に分けるとします。その際、レベル5の人が話す言葉をレベル1の人は理解出来ませんが、レベル4の人に対しては次元が近いため、伝わりやすくなります。そして、レベル4の人は3の人に、3の人は2の人に、といった具合に、認識レベルの近い人同士でコミュニケーションを取ることで、使う言葉は異なっていても、抽象度の高い次元で全員がビジョン共有することが可能となります。

一人でトップダウンを試みるのではなく、上位メンバーに対してその役割を担ってもらうことがチームのモチベーションを上げる近道と言えます。

この記事につけられたタグ

  • キャリア
  • ビジネスマン
  • モチベーション
  • 人間関係
  • 会社
  • 職場

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ