YAZIUP CLUB会員募集中

実際、結構慌てるんです。知っておいて損はない海外トイレ事情

  • 2017/04/09
  • ビジネス
  • 241view
  • YAZIUP運営
タグ

日本のトイレは最先端

外国人旅行者も絶賛する日本のトイレ

日本を訪れた外国人の皆さんが、こぞって賞賛するのが日本のトイレです。公共施設のトイレでもどこでも清潔なのはもちろんなのですが、やはりウォシュレットやトイレットペーパーを便器に流すことができるなど、私たちが当たり前と考えているところに、ひどく感動するようですね。

筆者も今から何年か前、初めてウォシュレットを体感したときの感覚が蘇ってきます。今や、ウォシュレットのトイレでないとお尻の穴が一日中むずむずするような感じが続き、無くてはならないものになってしまっています。(笑)

 

海外に行った際に知っておいて損はない

海外へ行く際へ知っておきたい、海外のトイレ事情

初めて海外出張に行かれる方も、こちらのページを読んでいらっしゃる方の中にいらっしゃるかと思いますので、ここでは日本以外の主だった地域のトイレ事情についてお話をさせていただきたいと思います。

海外出張の際、交通手段や言葉などにはある程度、事前に訪問地区の状況を調べていらっしゃるかと思われますが、なかなかトイレ事情にまで気が回らないかと思われますので、知っておいて損はないと思われます。

 

アジア地区

アジア地区のトイレを使う時はトイレットペーパーに注意!

台湾、中国、韓国、タイといったエリアに最初の海外展開を考える日本企業が増えています。実際、初めての海外出張が上記のエリアである方も多いのではないか、と思います。これらの国はトイレットペーパーを使う事はできますが、使用済みのペーパーを便器に流す事はできません。では、どうするかというと、便器の横に置いてあるバケツに捨てるというのが一般的です。

初めての方は、受け入れがたいと思われますが、これはトイレットペーパー自体が流すことを前提にしていないので、水に溶けなかったり、水流が弱いために便器に流れなかったり、と事情があります。実際知らずに流してしまって宿泊している部屋のトイレを詰まらせて大騒ぎになった、などということもあり得ますので注意が必要です。

 

欧州、米国

欧州、米国のトイレでは便器の横にある手洗い場のような台に注目!

これらの国において特徴的なのが、便器の横に設置されている小さな手洗い場のような台です。これは「ビデ」といわれているもので、水やお湯が出て局部を洗い流すためにあります。いわゆる手動のウォシュレットみたいなものですね。便器とは逆の方向に座って、手で局部を洗うというものです。

いかがでしたでしょうか。日本のようにトイレットペーパーを流すことができて、ウォシュレット完備などという国は他にはない、という事が多少はおわかりいただけたのではないか、と思います。
以上、参考にしていただけたら幸いです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ