パソコン仕事は休みながらすべきとわかっていても、どう休むべきかわからない

  • 2016/11/10
  • ビジネス
  • 19view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 仕事/出張
  • パソコン
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 健康
  • 疲労回復
  • 眼精疲労
  • 豆知識
  • 雑学

仕事はペースダウンする前からすぐ中断しよう

400075375

中年になってもパソコンとは切っても切れないのが大方の仕事でしょう。
若い頃のような指捌きもだんだん億劫になってきて、目がしょぼくなる感覚も年々短くなってきます。
それでも仕事は容赦なく襲い掛かるかのように降り注いできます。
やがてその力関係は、自分に不利になってくるのも当たり前です。

これに対し出来る抵抗は、ひたすら休む以外にはありません。
仕事に追われる中年はいつまでも若いつもりで頑張りがちです。
それは真面目であるほどその傾向は顕著です。
そう言う人が体を壊して取り返しのつかない事にもなっています。

特に大切な目の不調を訴える頃には、既に症状が進行しています。
その前に「あ、ペースが落ちた」と思った時点で、もっと言えばその前にも作業は中断するべきなのです。

 

休憩は取るつもりでも忘れられがち

110537057
VDT症候群は聞いたことがあるでしょう。
その対策として1時間に1回は休憩を、などと既にどこからか指導を受けているかもしれません。
ですが、現実には実行されていないのが通常です。
これは1時間と言うのが長過ぎる事も原因です。

1時間と言うのは、ちょうど仕事にハマって夢中になっている頃です。
ここでは休憩など頭に浮かばないのです。

やっと疲れたなあと、思った時には3時間くらい経っていたりするのです。
その時点では、既に回復困難な状況にまで陥っていると思っておきましょう。

 

パソコン仕事での休憩の取り方

481946590

・休憩の頻度
休憩をもっと頻繁に取るようにするために、その間隔を短くします。
15分に1回は休憩するのです。
しかし、15分では何の疲れも出てないでしょうし、そんなに休んでいるほど暇でも無いでしょう。
1時間毎に5分の休憩を取るのと、15分毎に1分の休憩を取るのはタイムはロスはほぼ同じです。
短時間でもとにかく頻繁に休むようにすれば、忘れる頻度も抑えられ、結果的に十分な休憩が取れるようになるのです。
疲れも感じられない段階で休んでいれば、疲れの度合いも高くはなりにくくなります。
「喉が乾かないうちにスポーツドリンクを飲め」と言われているのと同じような理屈なのです。
結局そんな風にチマチマ休みながら取り組んでいると、長時間に渡って仕事も取り組む事も出来ます。
かえって良い成果も上がるのに違いないのです。

・休憩の過ごし方
たった1分の休憩で何をするかと言えば、いったん全身の力を抜くことです。
伸びをして肩など回します。周囲の状況にもよりますが立ち上がるのも良いでしょう。
良くあるストレッチ体操でとにかくリラックスして体をリセットするのです。
特に目だけを意識しなくても良いのですが、まばたきをしっかりして血行を促すくらいはしておきましょう。
とにかく画面を見ている時の目の筋肉は硬直したままになっているのです。
目を特に意識するのは、1~2時間に1回のトイレ休憩等の時だけで十分です。
熱いおしぼりを目の上に当てたりとか遠くを眺めたり目のストレッチ体操をしたりとかを数分こなしていれば完璧です。

この記事につけられたタグ

  • 仕事/出張
  • パソコン
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 健康
  • 疲労回復
  • 眼精疲労
  • 豆知識
  • 雑学

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ