今からでも遅くない!WEBデザイナーとして転職する方法

  • 2015/12/15
  • ビジネス
  • 110view
  • YAZIUP運営
タグ

189811220

今の会社を辞めて転職したい

でも今から転職はスキルも無いし、コネも無い。
そんな方にオススメするのが、webデザイナーです。
WEBデザイナーであれば独学でスキルを身につければ30代であっても転職する事が可能です。
185964323

 

【webデザイナーの仕事内容】

一般的にwebデザイナーとは、ホームページ作りにおける、ホームページの設計、レイアウトなどのデザインを担当する役職の事です。
他には、デザイナーがデザインした設計を、プログラミング言語(PHP、javascriptなど)やマークアップ言語(HTML、CSSなど)実際に形にするwebプログラマーが存在します。

しかし、近年のweb制作現場では、これらの役職を総称して、webデザイナーと呼ぶ事が多くなりました。
この記事では、デザイン、プログラムのコーディングをする人をwebデザイナーと定義します。

【まずはHTML、CSSをマスターしよう】

HTMLとはhyper text markup language(ハイパーテキストマークアップランゲージ)の略でwebサイトを作るに当たって、最低限必要な言語と言えます。
このHTMLは、主に文書を表示したり、表示の仕方などを記述する事ができます。

このHTMLで作った文書をCSSというマークアップ言語で色をつけたり、フォントを変える事で基本的なwebサイトの構造を作ることが出来ます。

でもHTMLって難しそう。と思っている人も多いと思います。
確かに覚える事も多いので最初は少し抵抗があるかもしれませんが、書いてみると意外と覚える事も難しくなく、近年では、「HTML5」といった従来のHTMLよりも、簡単な記述でwebサイトの作成ができる言語が主流になっているため、早い人では3日でマスターしてしまいます。

【PHPやjavascriptを利用して、サイトに動きや機能をプラス!】

ここからは少し難しくなってきます。
PHPやjavascriptは、プログラミング言語になります。
PHPは主に入力フォームや会員登録機能など機能性の面を追加する際に用い、javascriptは、画像を動かしたり、スライドショーを作ったりなど、飾りをつける事に特化しています。

ここまで覚える事が出来れば、転職先も大きく広がります。
またはWEBデザイナーとしてフリーで仕事をする事や、自分でwebサイトを作って、サービスを提供する事も出来るため、可能性がグッと広がります

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ