椅子を替えなくてもデスクワーク時の肩凝りや腰痛を軽減できる方法

  • 2016/10/24
  • ビジネス
  • 65view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 仕事/出張
  • エクササイズ
  • ジム
  • ストレッチ
  • ビジネスマン
  • ヨガ
  • 体質改善
  • 健康
  • 対策
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 運動

机に向かっているとどうしても肩が凝ったり腰が痛かったり…

125060024

長時間のデスクワークで肩や腰の痛みと戦い続けている方は多いでしょう。休憩を取ればいいのも、痛みに耐えていると能率が落ちるのもわかっているけど、休む時間がなくて痛いままがんばってしまう……忙しいビジネスマンのつらい現実ですよね。
肩凝りや腰痛をやわらげるには、椅子を替えるのが有効手段のひとつです。しかし、きちんと体にフィットして悩みを解決してくれるかは、実際に座ってみないとわかりません。かといって家具屋でじっくり選ぶ時間もそうそう取れないのがまたつらい現実。
だけど、あきらめて痛みを放置してしまうのはまだ早いです。現在のデスク周りに少しプラスするだけで作業環境が改善する方法があるので、ぜひ試してみてください。

 

 

机の上に傾斜をつくってみる

215329585

小学校の図画工作の時間に屋外でスケッチをしませんでしたか? このとき、画板を使ったはずです。画板は少し角度をつけると絵が描きやすいですよね。画家が使うカンバスも、設計士が使う製図台も角度がついています。
このように、人間の体は平面より少し角度をつけたほうが手元の作業をしやすいのです。前傾姿勢になりすぎないので背筋が伸び、首や肩の負担が軽減します。
PC作業時、キーボードの下に丈夫な板を入れ、奥側にいらないハガキなどを重ねて差し込んで傾斜を調整してください。傾きは10度程度が作業しやすいです。
これで楽になったと感じたら、「卓上傾斜台」で検索して市販の製品を購入してもよいでしょう。

 

 

足を乗せる台を置いてみる

410947462

車を運転するとき、アクセル・ブレーキペダルに足を乗せていると体がシートにフィットしますよね。椅子に座るときも、あの感覚と同じ体勢をつくると腰への負担が軽減します。具体的には、アクセル・ブレーキのように足を乗せられる台を足元に置くとよいのです。
台といってもひとまず用意するのは厚みのある雑誌やクッションで充分です。これを足元に置いたら、椅子に背中を預けて背筋を伸ばした状態になるよう、台の高さや傾斜を調整しましょう。調整にはタオルを使うと便利です。
これで楽になったと感じたら、「フットレスト」で検索して市販の製品もチェックしてみてください。

 

 

バランスボールを併用してみる

297564539

近年、コアトレーニングに使うバランスボールを椅子として使うことがオフィスで人気です。しっかりバランスを取らないと座れないので自然と背筋が伸び、正しい姿勢で仕事に取り組めます。仕事をしながら筋トレもできるので、一石二鳥と喜んでいる人も多いです。
ただしバランスボールは慣れが必要なので、座るトレーニングをきちんとしてから椅子として使いましょう。ジムに通っている方はコアトレーニングに詳しいインストラクターにレッスンを受けるのもいい方法です。
また、居眠り厳禁なので体調のいいときだけ座ってください。現実的には通常の椅子と併用するのが安全です。

この記事につけられたタグ

  • 仕事/出張
  • エクササイズ
  • ジム
  • ストレッチ
  • ビジネスマン
  • ヨガ
  • 体質改善
  • 健康
  • 対策
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 運動

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ