ぶっちゃけ情報商材ってどうなの?

  • 2016/09/24
  • ビジネス
  • 56view
  • YAZIUP運営
タグ

氾濫する情報商材

336698507

インターネット上に氾濫をする情報商材。
その内容はさまざまですが、特に多いのはお金に関する商材です。
投資の必勝法。
1日わずかな作業でお金持ちになる方法。
アフィリエイトのコツ。

こうした商材が、1つ数千円から数万円の価格で販売をされています。
見るからに怪しい情報商材ですが、本当の所はどうなのか。
気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

大部分は詐欺的商材

結論から言いますと情報商材は90%以上、いえ99%は詐欺だと断定している人も少なくはありません。
その一例を列挙すると・・・。

・到底それで儲かるとは思えない、手法自体が間違っている商材。

・実行すれば確かに稼げるのだろうが、何らかの理由(時間・法律など)で実現出来ない商材。

・無料のサイトにも載っているような、ありきたりな情報をまとめているだけの商材。

こうした商材が3万やら5万やら、信じられないような価格で販売されているのが情報商材の世界です。

 

1%は「当たり」・・・かも?

140653867

ただ99%詐欺というのは、裏を返せば1%でも「当たり」があるということでもあります。
いえ当たりとまでは言えなくても、人によっては有益な情報が載っているケースもあるにはあります。
情報というのは一生それを知らずにいる可能性もあるわけですから、それが自分にとって本当にタメになるものならば数万円の価値は確かにあると言えます。
ただ99%は詐欺の世界なのですから、そうした情報商材を選ぶことは容易なことではありません。

 

まずは商材名を検索

情報商材には思わず内容を確認したくなるような大げさなタイトルや、セールスレターが付けられている場合がほとんどです。
そのため思わず購入クリックをしてしまいそうな時もあるかもしれませんが、そこはグッと我慢をしてまずは商材名を検索してみましょう。
それが詐欺商材であった場合、騙されて購入をした人の怒りのレビューが載ったサイトがかなりの確率でヒットをします。
内容のかなり詳しい所にまで触れているサイトもありますので、まずは落ち着いて検索をするだけで詐欺に遭う確率は激減します。

また、もし褒められていたとしてもそのサイトだけを信用するのは止めておきましょう。
と言うのも情報販売の世界は狭く、商材を紹介している者と商材を作った者が知人同士であるケースも考えられるからです。
また褒めることでサイトから商材を購入をさせることにより、アフィリエイト収入を得ている人も存在しています。
もちろん知人であれアフィリエイトであれ、それが本当に良い商材ならば購入側からすれば何の問題もありません。
ただそれでもリスクを可能な限り減らすために、なるべく多くのサイトから評判をチェックすることをおすすめします。

 

買わないのも1つの選択

16207828

その大部分が詐欺と言われている情報商材。
もしも騙されたくないというのなら、たとえどんなに評判の良い情報商材であっても買わないというのも1つの選択です。
無料で公開されているサイトにも、タメになることやお金を稼ぐためのヒントが掲載されていることは少なくありません。
またすでに定職に就いている人の場合は、無理にネットビジネスの世界に足を踏み入れる必要性も薄いのではないでしょうか。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ