「ああ~いいアイディアが浮かばねー」って思ったら、こんな方法で画期的なアイディアを生みだせるんです。

  • 2016/09/10
  • ビジネス
  • 48view
  • YAZIUP運営
タグ

行き詰る

348391388

日々仕事をしている中で行き詰まってしまう状況ってありますよね。「ああ~何かいい販売促進策はないか」「急激に売り上げを上げられるいい方法はないか」「爆発的にヒットするような画期的な商品は発売できないか」年齢とともに頭の回転が鈍ってくる我々オヤジ世代にはこのような課題が最も難題です。

でも、会社の重要なポストで活躍している皆さまならば、このような考えを持ったことは一度や二度ではないはずです。「結局、そんな画期的なアイディアなんてそうそう簡単に出せるもんじゃないよ」「そんなものはその筋の天才に任せておけばいいんだ」まあ、まあ、ちょっとお待ちください。斬新なアイディアを出すこんな方法はいかがでしょうか。これならあなたにも出来そうではないですか

 

アイディアしりとり

216146950

ここでご紹介するアイディアしりとりは元々玩具メーカーのバンダイで数々のヒット商品を開発してきた方のアイディア捻出方法です。早速具体的に説明をしていきましょう。

まずあなたが何か画期的な化粧水を開発したいと考えるとします。この「画期的な化粧水」というものを基本テーマとして、しりとりで次々と出てくる言葉とテーマを結び付けて連想される言葉を、あまり時間をかけずに直感的に書き込んでいくものです。

 

1000個出せば1個くらいは

257883383

たとえば「画期的な化粧品」というテーマに対してたぬきという言葉が私の中に浮かんだとします(ここで最初に浮かぶ言葉は何でもいいのです。むしろ関連性が無い言葉のほうが、テーマと結び付けた場合により面白いテーマになる可能性があります)。「たぬき」と「画期的な化粧水」というテーマに対して私は「TANUKIというブランド名の化粧水」「たぬきをイメージキャラクターにした化粧品ブランド」などと思い浮かべます。

たぬきのしりとりですから次は「木の実」という言葉に対してまた連想をします。「木の実から抽出した成分だけから作った化粧水」「本物の木の実を容器にした究極の無添加化粧水」……(スイマセン貧弱な発想で)とまあ、こういう具合にどんどんしりとりをして、それに対するイメージを書いていくわけです。

これを100個行い、「これは」というものを5個選ぶ、そしてこれを10回繰り返す――つまり1000個アイディアがこれで自動的に出てくるわけです。

どんな凡人でも1000個アイディアを出せば1個くらいはいいアイディアが出てくる、というものです。
いかがですか、これなら何とかできるような気がしませんか。参考にしていただければ幸いです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ