ライトユーザーなら中古ガジェットで十分満足できる

  • 2016/06/25
  • ビジネス
  • 116view
  • のりき 夢丸
タグ
  • 仕事/出張
  • ガジェット
  • スマホ
  • 暮らし
  • 節約
  • 豆知識
  • 買い物

人の手あかがついているとは申しますが

213239815

ガジェット類の進化は早い。いや進化というより、単にモデルチェンジが頻繁に行われているだけかもしれないが。

だが人は新しく出てきたものに心奪われる。どうせなら新製品がほしい、ツルツルの画面からペリペリとフィルムを剥がしたい、革のケースも見つくろって、楽しいガジェット生活の始まりだ!と浮かれたいのもよくわかる。

しかしもしあなたがライトユーザーならば、1、2年前の旧製品で満足できないかというと、実はそんなことはない。
むしろ、コスパに優れた家計にやさしい選択肢のひとつとして、積極的に中古ガジェットの購入をおすすめしたい。

 

 

ブツそのものよりも「どこで買うか」に注力せよ

65888212

中古ガジェット購入時に一番気をつけたいのは、製品そのものよりも、購入する店舗選びだ。

店舗を正しく選ぶことで、自然と中古品在庫の質が上昇する。つまり最低限の保険がかかった状態で選べる、ともいえる。
購入時には実際に店舗を訪れ、店員さんと軽く話ができれば一番よいが、もしネット購入なら、実物写真、製品説明、状態説明、アフターケア、金銭やり取りの透明さ、これらの項目に納得がいくところで検討したい。

ネット購入こそ、値段ありきだから、安値に釣られてという選択は決してしてはならない。

 

 

中古品の状態ってどんなもん?

229183180

肝心のブツの状態はというと、これがすこぶる感触がよい。

たとえば、中古販売店でA、B、Cというランク付けがされていたとする。
Aは驚くことにほぼ新品のような外観、Bまできて初めてかすり傷があるという話になるが、普段使いで気になることは皆無に近い。
これもガジェット製品の発表サイクルが早いおかげ。世に中古在庫が潤沢だからこそ、よいものを売らなければ店だって商売にならないのだ。

外観ばかりでなく中身、例えばリチウムイオン電池のへたり具合もまずまず抑えられている。
アプリ等で調べれば簡単にわかるが、経験上、手元に来た時点で新品比90%を割っている品にはお目にかかったことがない。大事に使えば、そこから2年程度は十分もつだろう。

 

 

私たちに必要なスペックはすでに満たされている

普段使いのガジェットなら、すでに2、3年前から基本スペックは必要十分なレベルに達している。
新しい便利な機能が世に浸透するまでには時間もかかるし、あなた自身が「人柱」になってしまう可能性もあるだろう。

それは達人たちに任せておいて、今度の買い換えには中古ガジェットを検討してはいかがだろうか。

この記事につけられたタグ

  • 仕事/出張
  • ガジェット
  • スマホ
  • 暮らし
  • 節約
  • 豆知識
  • 買い物

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ