いまさら聞けない資本金の話

  • 2016/06/18
  • ビジネス
  • 95view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 仕事/出張
  • お金
  • ビジネス
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 会社
  • 起業
  • 開業

そろそろ起業でもしたいなと思うあなた

おやじ世代ともなれば、会社では結構なポジションに就いているかも知れません。積み上げてきたキャリアを活かして起業してみたい!
いや、まったく冷遇されていて先がない。ここは現状打破で商売でも始めよう!

いろいろな意味で、独立へ向かう人が多いのもおやじ世代です。個人事業をするのであれば、税務署へ行って個人事業の開業届を出し、売上が見込めそうなら青色申告の届けもしておけば済みます。

203038990
TK Kurikawa / Shutterstock.com

しかし、法人でなければ信用が付かないなどの理由で会社組織にするのであれば、複雑な手続きに明るくなる必要があります。そこの部分を任せられる人がいるなら別ですが。

商法から会社法が独立し、有限会社法がなくなったことで新規に有限会社を設立できなくなった反面、資本金1円でも株式会社を作れるようになりました。資本金1000万円のハードルがあった時代なら、株式会社の社長とならずに個人商店のオーナーとなったであろう人でさえ、1円会社の社長になっています。

資本金100億円クラスの会社の社長と同じように株式会社の代表取締役を名乗ることができるのはメリットかも知れません。

355820468

 

 

資本金は多いに越したことはない

よく、勘違いされるのが、資本金っていざというときのために会社が持っている準備金のことでしょ?というものです。
考えてみれば、資本金1円の株式会社が存在するわけですが、1円だけ持っていていざというときに役に立つでしょうか。

資本金とは、株式の分だけ株主から払い込まれた資金です。そして、ごく普通に会社の運営に使用されるお金です。お金ではなく社長の頭脳を使って稼ぐ会社であれば、資本金が少なくても問題ありません。

ところで、使っちゃったら資本金が減るのではないか?と思うところです。しかし、会社の仕組みとして、資本金は使っても減らないのです。

資本金1000万円の会社が経費でそのうち500万円を使ったとしても、資本金500万円に減るわけではないということです。あくまでも、この会社は資本金として1000万円が計上された会社であるということです。

その後、株式を発行して増資することにより資本金が増えることはあります。逆に、原資して減ることもあります。しかし、使ったから減るという性質のものではないのです。

一般的に、資本金1円の会社より1000万円、1000万円より1億円というように資本金が多い方が信用も高いものです。お金を集めることの難しさを考えれば理解できますね。

245706847

従って、信用を付けるために法人化するのであれば、可能な限り資本金を多くしたいものです。1円会社の設立は、法人でなければ取引しない相手に食い込む手段として有効なものといえます。

この記事につけられたタグ

  • 仕事/出張
  • お金
  • ビジネス
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 会社
  • 起業
  • 開業

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ