再び日本株仕込みのチャンス到来!
売り込まれたセクターのリターンリバーサルを狙え

  • 2016/04/07
  • ビジネス
  • 134view
  • のりき 夢丸
タグ

日経平均はハッキリ下離れて、どしゃ降り模様の波乱に

3月末に日経平均の日足チャートでは、各種移動平均線が17000円あたりで一つに収れん。
これはよく言われるところの「嵐の前の静けさ」。いずれにしろ次の動きがそろそろ始まる、と思っていたのもつかの間、残念なことに大きく下離れ。
これで上半期の高値挑戦シナリオは完全になくなった。
桜どころじゃない、どしゃ降りの日本市場なのである。

104369201

 

安くなればまた買えばよい?

最近の下げピッチが急なので、「またこのまま15000円にタッチするか」と気を揉む投資家が増えそうだが、そこはさすがに買い場だろうし、ホントの二番底だし、またそこで買えなきゃ今年は株をお休みした方がよい。
ちょっと日経平均の日足チャートを見直すと、昨年12月高値20000円あたりから引かれる上値抵抗線が、逆にそろそろ下値支持として働きそうなところを通っている。
そこからさらに大きく下げるのはやりすぎ、つまり「オーバーシュート」だろうから、近々日本株再エントリーのチャンスが来るかもしれない。

24420604

 

いや〜、見事に売られましたねぇ

こういうときは、ひどく売られすぎた株の戻りを試してみたくなるもの。
今年1回目の15000円下げ局面では、

銀行
自動車↑
ノンバンク↑
鉄鋼
資源
電力・ガス↑

らが、とにかくよく売られた。

しかしその後の17000円までの戻り局面で、これまたよく戻ってくれたのが「↑」をつけた3セクター。
他は安値のまま放置された。
こういうときは、同じように売られていても、その後反発力のあるセクターを買うのが鉄則。

ところが現在の投資環境を考えると、為替が円高気味、資源価格がまた下降気味、再びの日銀マイナス金利拡大観測などあって、今回ばかりは自動車やノンバンクもいかがなものだろうか……
あれ?残ったセクターが、まさかの「電力・ガス」なのである。

75054244

 

明確な買い理由なし……それこそが今の日本株を表す一言

いくら戻るからと言っても、電力・ガスセクターを今から本気買いする気になりますかねえ。
でもね、理由を挙げて買えないセクターをつぶしていくと、全部なくなっちゃうのが今の日本市場そのもの。
外国人はよく見ている。買わずに今は資金を丸ごと引き揚げている。
そして日本の年金クジラ(GPIF)は食べすぎ(買いすぎ)て、しめて5兆円の損失だそうで(悲)。

さあ、オレたちはクジラを反面教師にしなければ!
ズバリ関西電力(いずれ原発再稼働)とメガバンク(黒田バズーカの反動狙い)でも買って、おとなしく夏を待つことにしよう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ