満期が近づいたら見直してみよう あなたにピッタリの保険があるはず

  • 2016/03/30
  • ビジネス
  • 126view
  • のりき 夢丸
タグ

タイミングは「保険に興味を持ったらすぐ!」

実際に自分が病気やケガをした、あるいは保険の満期が近づくと、自分はどんな保険に入っていただろうと気になったり、今の保障内容にちょっと不満を感じることがあるかも。

それならいっそ、あなたが自分で保険を選んでみては?
今はそれが簡単にできる。なぜならあなたの保険のプランニングを助けてくれるサービスが増えているのだ。

221585626

 

 

どんな人が見直すべきか

▼若い頃だれかに勧められるままに入った人

自分がどんな保険に入っているか、保険料がいくらかも正確に知らなければ、いざという時に備えていることにはならない。

また古い保険は、内容そのものが「陳腐化」していることもある。
その当時は新型の保障内容だったかもしれないが、時が経つにつれて現代の医療体制等にそぐわなくなった保険もたくさんある。

 

 

▼最近家族構成が変わった人

たとえば子供ができれば、世帯主として子供が小さい頃は十分い手厚い保険に変えておきたい人もいるだろうし、アクシデントで働けなくなった際の収入保障なども考えたい。

逆に子供がすでに独立した人なら、家族のための大型契約から、身軽な自分のための契約へサイズダウンするのが家計にも優しい選択になる。

 

 

▼年齢を重ねた人

年をとれば、体はいつまでも健康というわけにいかない。
年相応に起こるアクシデントに備えたいが、そのとき見直しを早めに考えたい理由が「年齢」。

保険は保障内容ともうひとつ、加入時の年齢によって以後の保険料に差が出る。
長期の契約なら、年齢の若いうちに安い一定の掛け金で入っておくのがおすすめ。

191016173

 

 

がん保険もいっしょに考えよう

まだまだ怖い病気であるがんに備えるため、医療保険を見直す際には、がん保険についても詳しく話を聞いてほしい。

がん保険は、最新の治療にきっちり備えて怖いものなしにしておきたい、という考えもある。
しかしここでは、たとえばどんな種類のがんでもおりてくる一時金が受けられるとか、まずは医療保険に少しプラスするプランはどうかとか、柔軟に使いやすい保険を選ぶことをおすすめする。

最新治療に対応したつもりでも、がん治療の内容は日進月歩、すぐに陳腐化しやすい。
となれば、ある程度保障期間を区切ったがん保険というのもよい選択肢だろう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ビジネスの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ