どうなる!新年度からの住宅ローン金利

  • 2016/03/20
  • ビジネス
  • 209view
  • YAZIUP運営
タグ

3年半前から「マイナス金利」導入のデンマークの場合

日本で2月16日から始った「マイナス金利」導入ですが、3年半前から「マイナス金利」を導入しているデンマークでは住宅ローンや不動産市場に大きな影響が出ています。
まず、住宅ローン金利が「マイナス金利」のローンが実際に登場しています。
つまり、半年ごとに見直される変動型の住宅ローン金利が「マイナス金利」となり、ローンを借りて利息を受け取る人が出ています。
只、住宅ローン金利自体は「マイナス金利」ですが別に銀行に支払う手数料があり、手数料を加えた実質金利はゼロ%前後とのことです。
従って、住宅ローンを組めば儲かるという状況ではありませんが、デンマークでは住宅価格が2012年から2015年までの3年間で約16.0%上昇しています。

163182242
Fedor Selivanov / Shutterstock.com

 

 

昨年から「マイナス金利」導入のスウェーデンの場合

スウェーデンの中央銀行は昨年2月11日に政策金利を年率0.00%から-0.10%へ引き下げ「マイナス金利」を導入しました。
現在、スウェーデンの住宅ローン金利は実質的に「マイナス金利」とはなっていません。
只、スウェーデンの住宅ローンは50年ローンなど超長期のローンが多く、金利分のみを返済する契約のローンも多いとのことです。
従って、実質的に殆どローンの元金は減らず民間債務額の高止まりがスウェーデン経済のネックになっています。
その様な状況下でスウェーデンの不動産価格は2015年の1年間で約12.3%の上昇となっています。

251306197

 

 

我が国の新年度からの住宅ローン金利はどうなるか

現状の各銀行の住宅ローン金利は以下の通りです。
まず、主要都市銀行変動金利年率0.625%~1.075%・固定金利10年年率0.800%~1.500%・固定金利35年年率1.250%~1.680%となっています。
また、ネット銀行の変動金利年率0.519%~0.869%・固定金利10年年率0.590%~1.470%・固定金利35年年率0.950%~2.500%となっています。
従って、住宅ローン金利が下がり始めており、利用者にとっては最適な条件の銀行を選ぶことが必要です。

267332831

 

 

将来、日本で住宅ローン金利はマイナス金利になるのか?

経済規模が全く違う北欧の小国デンマークやスウェーデンと我が国の金融市場を一概に比較できませんが、当面、我が国の住宅ローンが「マイナス金利」に突入することはなさそうです。
只、日銀の黒田総裁は+2%の物価目標を達成するためには手段を選ばない覚悟の様ですから、住宅ローン金利が更に下がる余地はありそうです。
また、日銀が「マイナス金利」導入直後からリート市場は値上がりの様相を強めており、不動産価格に上昇圧力が掛かることは否定できません。

189271970

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ